ニュース

電子ペーパー搭載ベルトでデザイン変更可能 ソニーのスマートウォッチがあらゆるおしゃれに対応できそう

好みのデザインの腕時計がなければ作っちゃえばいいじゃない。

 ソニーが、スマートウォッチの新商品「FES Watch U (フェスウォッチ ユー)」の販売を開始しました。ベルト部分まで電子ペーパーを搭載しており、自由にデザインを変更できます。

デザインを切り替えるところ
「FES Watch U (フェスウォッチ ユー)」
スマートフォンとFES Watch Uの連携イメージ
デザイン例

 同商品はボタンを押すだけで簡単に文字盤とベルトのデザインを切り替えられ、自分好みにアレンジできます。プリインストールされたデザイン(全12種)に加え、専用のスマートフォンアプリケーション「FES Closet(フェス クローゼット)」と連携すると、その場で撮影した写真や、スマートフォン内のライブラリ画像を取り込むなどして、オリジナルのデザインも作成可能。さらに、アプリからは国内外のクリエイターとのコラボデザインを無料でダウンロードできます。

自分でデザインを作成できる

 カラーバリエーションはプレミアムブラック、シルバー、ホワイトの3種。プレミアムブラックモデルは、風防(時計盤を保護する役目のガラス)に反射防止加工を施したサファイアガラスを採用しています。価格はプレミアムブラックが6万円(税別)、シルバーとホワイトが4万6000円(税別)です。

カラーバリエーション

 同商品は、2016年8月〜2016年10月にソニーが運営するクラウドファンディングとEコマースのサイト「First Flight」でクラウドファンディングを実施し、今回正式販売を開始することになりました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.