連載

【マンガ】「マッチ売りの少女」の「マッチ」には毒がある

実は恐ろしい。

 10秒で読める「マンガで雑学」のお時間です。今回のテーマはこちら。

「マッチ売りの少女」の「マッチ」には毒がある

解説

 マッチが誕生したのは18世紀のヨーロッパ。しかし、当初は毒性の強い黄リンなどが素材に使われ、わずかな摩擦でも発火してしまうなど、危険性の高いものでした。

 アンデルセンの書いた童話『マッチ売りの少女』の中で描かれているのも、この毒性のある黄リンマッチだと言われています。当時の安価なマッチは箱入りではなかったため、薪のようにマッチの束をひもなどでまとめたものでした。

 『マッチ売りの少女』が出版された1848年から7年後、赤リンなどが使われた安全マッチが発明され、広く世の中に普及することになりました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.