新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年04月08日 19時26分 UPDATE

せかにゅ:「未来の妻を紹介してくれたら1万ドル」 米男性が自分だけの出会いサイト

「男がぼく1人しかいない出会いサイトを作ればいいじゃないか」と思った米国の独身男性が、結婚相手を探すサイトを立ち上げた。

[ITmedia]

 「ぼくの未来の妻を紹介してくれたら1万ドルあげます」――米国に住む40代独身男性が自分のためだけの結婚相手探しサイトを立ち上げ、こう呼びかけている。

 チャス・マクフィーリーさんは1970年生まれのサンフランシスコに住む起業家。旅行やスノーボードなどが趣味だ。彼は3月半ばに、未来の花嫁を紹介してもらうためのHook Chas Upというサイトを立ち上げ、ブログやニュースサイトに取り上げられた。

ah_chas.jpg

 マクフィーリーさんがこのサイトを立ち上げたのは、オンラインの恋人探しサービスでうまくいかなかったため。「男がぼく1人しかいないサイトを作ればいいじゃないか」と思ったという。紹介料を1万ドルにしたのは、「本気ではあるが、正気でないわけではない」ことを示す額だと思うからとしている。

 4月7日の更新によれば、彼は「何人かのすてきな女性と会っている」という。

関連キーワード

結婚 | 独身 | 婚活 | せかにゅ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事