新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年06月01日 11時04分 UPDATE

梅雨も楽しくなる? 雨が降ると現れる屋外広告「RAINCAMPAIGN」

紙やインクなど使わなくても環境に優しい広告ができるという例です。

[ITmedia]

 「レインキャンペーン」という広告手法を紹介します。路面に水をはじく素材で文字や絵を施しておくと、雨の時だけ現れるというもので、乾くと再び見えなくなります。

 FRESH GREEN ADSの施策で、環境に負担をかけない広告手法を提案しており、今までも砂や氷、畑を利用した広告を紹介しています。

wk_110601rain01.jpgwk_110601rain02.jpgwk_110601rain03.jpg 普段、乾いている時は何も見えない。雨が降ると徐々に現れてきます

 雨や水に関連する商品やサービスを広告にする際には、イメージしやすく印象に残るかもしれませんね。ちなみに、この素材は8週間ほどで消えてしまうそうです。


関連キーワード

広告 | 環境配慮 | 梅雨


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー