ニュース
» 2011年07月11日 09時59分 UPDATE

日々是遊戯:日本ではどうなるか未定――「レジスタンス3」はオンライン接続に登録コードが必要ってホント?

海外版「レジスタンス3」のパッケージに端を発した、“「PSN PASS」ってなんだろう問題”。果たして日本でも導入される予定があるのか、SCEにたずねてみました。

[池谷勇人,ITmedia]

日本では未定だそうです

wk_110708hibikore01.jpg ドイツのゲームサイトに掲載された「レジスタンス3」のPS3本体同梱版のパッケージ画像。確かに「PSN PASS」というマークを確認することができます

 ゲームファンの間で「『レジスタンス3』はオンライン接続に専用の登録コードが必要になるかも」というウワサが流れているようです。

 事の発端は、海外版「レジスタンス3」のパッケージ画像に写っていた“PSN PASS”というマーク。「これはなんだろう?」と不思議に思った海外メディアがSCEAに確認してみると、どうやら「レジスタンス3」には専用のライセンスコードが同梱されており、オンラインに接続して遊ぶためには一度このコードを入力する必要があるとのこと。またこのコードは一度しか使えないため、例えば中古ソフトなどでコードがすでに使用済みだった場合などは、別途有料でライセンスコードを購入しなければなりません。

 こうしたシステムは、実は日本でも「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」などですでに導入済み。また海外でも、エレクトロニック・アーツやTHQなどが中古対策の一環として同様のシステムを取り入れ、話題になったことがありました。コメントによればSCEAも、今後は同社の一部タイトルに対し、この「PSN PASS」プログラムを導入していく予定としています。

 ということは今後日本でも同じように、SCEタイトルを遊ぶ場合にはライセンスコードが必須となっていくのでしょうか? ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンに問い合わせてみたところ、次のような回答をいただくことができました。

「上記プログラムはあくまで海外向けのもので、実は国内ではどうなるかまだ決まっていません。もちろん『白騎士物語 -光と闇の覚醒-』のように個別で導入しているタイトルはありましたが、今後すべてのタイトルに対し導入していくのか、それとも今までどおり個別でという形になるのか、現時点ではまったくの未定です」(SCEJ)

 ――ということで、日本ではまだどうなるか決まっていないとのこと。9月8日発売予定の「レジスタンス3」についても、海外版と同じ仕様になるかどうかはまだ分からないとしています。

 海外ユーザーからは「中古市場への牽制では」との声もあがっている“PSN PASS”プログラムですが、先行して導入しているEAなどによれば、確かに中古対策として一定の効果はあがっている模様。ユーザーから見るとやや不便な点もあるとは言え、今後は取り入れていくメーカーが増えていくかもしれません。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー