ニュース
» 2012年12月18日 21時02分 UPDATE

【日本三大奇祭】参加者がただひたすら悪態をつきまくる奇祭「悪態まつり」に潜入してきたぞばかやろー! (2/3)

[黒木 貴啓,ITmedia]

お供え物をめぐって――もうひとつの戦い

 途中16カ所あるほこらを周りながら、飯綱神社を目指す天狗たち。ほこらに到着するたび、お祭りは盛り上がりを見せます。悪口を吐き出すこととは別の悪態、お供え物の奪い合いです。

画像 第2のほこら「毘沙門天」に先回りする千葉の男性(30代)

画像 県内の高専5年生が到着し……

画像 お供え物を奪い取るためのポジショニング争い。「ゴール下は戦場だと思え」

 悪態まつりでは、天狗がほこらに収めた後のお供え物をゲットすると、幸せになれるという言い伝えがあります。参加者は先回りしてポジションを争うなど、御利益を巡った激しいバトルを繰り広げます。

画像 神主さんと天狗たちが到着。「はやく供えろ、ばか天狗―!」

画像 お供え&お祈り中は手だし禁止。天狗たちが青竹と体をつかって参加者をガードする

画像 こちらがほこらの前に置いたお供え物一式。おはらい棒である“ぬさ”、5円玉をのせた小皿、お餅、わら、板

画像 「よし!」合図が聞こえたら、一斉に奪い合い。カオス

画像 板と藁、ゲットだぜ! 男性は2年連続参加で、今年こそお供え物を全種類コンプリートしたいと意気込んでいました

 お供えとお祈り中は、天狗たちは青竹で叩いたり体を入れこんだりして、参加者からお供え物をガードします。ほこらの周りは押し合うわ掴み合うわでめちゃくちゃ。リングからこぼれたバスケットボールを狙うゴール下みたい。

 争奪戦はほこらごとに行われ、全部で16回。ほこらの環境や奪い合いの趣向が異なるおかげで、それぞれ違った盛り上がりを見せます。もはや一種の競技。これも御利益ある“悪態をつく”行為なのです。

画像 「早くきやがればか天狗―!!」威勢のいい悪態を吐いた子どもたちも、先回りしてゲット。天狗は君たちの入門を待っている!

画像 「天狗―! かわいい女の子たち待たせんじゃねーぞー!」第6のほこらでは先導さん立ち合いの下、女性限定バトルが行われた

画像 お祈り中に手出しをしたのか、青竹で頭を叩かれた女性

画像 「痛かった……」死闘からお供え物をゲットした、ひたちなか市の女性2人。「ネットで見つけてやってきたんですが、いろんなエンタメ要素があって楽しいです」

画像 クライマックスにむけて境内には人が集まる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう