ニュース
» 2014年04月03日 21時54分 UPDATE

8Kテレビをも凌駕する超次世代型テレビ、その名も「ビー玉テレビジョン」爆誕 出力速度は毎分8ピクセル

地デジ完全永久非対応。

[太田智美,ねとらぼ]

 筑波大学 内山俊朗研究室の学生6人は、ビー玉で画面にドット絵を描くことができるテレビ「ビー玉テレビジョン」を開発。約3年の歳月をかけて作った。



 専用のPCソフトを使ってドット絵を打ち込むと、内部に組み込まれたモーターが歯車を動かし、液晶の代わりに赤と白のビー玉を出力。毎分8ピクセル、1時間で390ピクセルの画像を組み立てる。

 画像ができあがると、ビー玉たちは一斉に画面の外へザーっ。ザザー……。ビー玉が流れ落ち、なんともシュールな光景がそこに。


画像(歯車)


画像(ザーっ)

 今回の取り組みについて、制作者たちは「高解像度の映像が求められる中、ビー玉テレビジョンはフルハイビジョンテレビの5300分の1の解像度となっている。しかし、質量を持ったモノの動き、音、振動、触角などで、一味違った豊かな体験・感動を生み出せるだろう」と語る。

 内山俊朗研究室では他にも、下駄の動きによって天気を表す「お天気下駄」や身体の動きで演奏する電子楽器「beacon」といった作品が制作されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー