新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年07月13日 18時20分 UPDATE

「スカウター」風ヘッドマウントディスプレイ「エアスカウター」に新モデル やっぱり「スカウター」っぽい

2011年にブラザー工業が事業化を発表したあの製品が、医療現場でも使いやすい「スカウター」風のヘッドマウントディスプレイに。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 2011年にブラザー工業が事業化を発表し、アニメ「ドラゴンボール」の「スカウター」に似ていることで話題になったヘッドマウントディスプレイ「AiRScouter(エアスカウター)」(関連記事)に新モデルが登場します。

 新モデルは7月下旬に発売される業務モデル「AiRScouter WD-200A」と医療モデル「WD-250A」発表されました。価格はオープンで、予想実売価格はWD-200Aが25万円前後(税込)。


画像画像 新モデルも「スカウター」風ですな


画像 2011年の事業化発表後、2012年に発売された「WD-100G」「WD-100A」。眼鏡フレームでディスプレイを支えるデザインでした

 同製品はブラザーと東京大学医学部附属病院の共同研究により開発されました。2012年発売の眼鏡フレームでディスプレイを支える「WD-100G」「WD-100A」とは異なり、頭にはめて使用するデザインになっているため、眼鏡着用者でも使いやすくなっているそう。また、ディスプレイの位置を自在に操作できる「フレキシブルアーム」を採用しており、作業姿勢に合わせて見やすい位置に調整できます。

 「WD-100G」「WD-100A」同様、今回発売する「WD-200A」「WD-250A」でも外光を透過するミラーを利用して、「スカウター」のように実際の視野に重ねて映像を表示することができます。

 業務モデル「WD-200A」は組立作業、遠隔作業などでの使用を想定し、7月下旬に発売、医療モデル「WD-250A」は医療現場での使用を想定し、10月下旬に発売されます。


画像画像 仕事で「スカウター」が使えるって思ったら、なんかワクワクしません?


画像 ディスプレイを見るために体を動かさなくていいのが、助かりますね

マッハ・キショ松

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事