ニュース
» 2016年04月19日 20時00分 UPDATE

俺より強いやつを求め公式競技へ! 「ストV」の国内eスポーツリーグ発足

大会の運営を通じて、今後のeスポーツの事業化を検討するとのこと。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 カプコンが「ストリートファイターV」のeスポーツ化を発表した。CyberZの主催により、eスポーツリーグ「RAGE リーグ for ストリートファイターV」を発足。オンライン対戦によるリーグ戦と、オフラインのトーナメント戦の2大会を実施する。


ストV 「ストリートファイターV」

 日程は5〜7月の夏季大会と、8〜10月の秋季大会を予定。各大会は毎週開催される。7月末にはオフライン大会の決勝「RAGE Vol,2 GRAND FINALS」が催される。年間を通じての大会運営による、同作のeスポーツ競技としての定着と、長期的なコンテンツ配信との連動が狙いだ。

 大会によっては参加条件に年齢上限を設定し、若年層の潜在ユーザーを開拓。格闘ゲームというジャンルを幅広い世代へ訴求するという。野球やサッカーのように、「U18」といった若年層限定大会が催されることになりそうだ。

 同社は「RAGE リーグ for ストリートファイターV」を通じ、今後のeスポーツの事業化を検討する。結果いかんで、eスポーツに対する業界全体の取り組みに、大きな影響を及ぼす施策と言えるだろう。


ストV 「ストリートファイターV」公式サイト

(C)CAPCOM U.S.A., INC. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう