ニュース
» 2016年10月07日 16時06分 UPDATE

JR東日本、Suicaの決済端末にスマートフォンの使用を検討 移動販売車や鉄道博物館での試行を開始

正式に採用されたら、臨時店舗や個人販売レベルでもSuica決済が可能に?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 JR東日本が、スマートフォンを利用したSuicaの決済端末を検討していることを発表した。仕様策定に向けた検証のため、10月7日より店舗での試行を開始する。実現すれば、店舗側が専用の端末を導入せずとも、一般的なスマートフォンだけでSuicaでの決済を行えることになる。


仕組み スマートフォンを介した決済の仕組み

 現状の店舗では、消費者がSuicaを専用リーダーにかざすことで決済される。このリーダーの代わりに、スマートフォンのNFC機能を用いるのが今回の試みだ。試行においては、ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia Z5 Compact」が用いられる。


XperiaZ5 Xperia Z5 Compact

 決済においては、携帯電話回線を通じてセンター側で処理を行うシンクライアント方式を採用。決済インフラ事業を手掛けるトランザクション・メディア・ネットワークスの協力により、高いセキュリティを確保したという。

 10月7〜9日に東京国際フォーラム地上広場(東京都千代田区)で開催される「東京味わいフェスタ 2016」にて、移動販売車での飲食物販売時に試行。10月24日〜12月28日にも、鉄道博物館(埼玉県さいたま市)で体験コーナーの支払いに用いられる。

 試行の形態から、小規模店舗での利用を想定したシステムと考えられる。もし正式採用となりサービスとして一般開放されれば、イベントの臨時店舗や期間限定のアンテナショップ、ひいてはフリーマーケットなど個人販売レベルでも、Suicaでの決済を利用できるかもしれない。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう