ニュース
» 2016年11月17日 08時00分 UPDATE

透き通った黄褐色が美しい 「ジュラシック・パーク」の虫が閉じ込められた琥珀をモチーフにした昆虫スイーツが誕生

イナゴを使った調味料とクリシギゾウムシの幼虫を使用。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 琥珀に閉じ込められた虫から恐竜のDNAを取り出し、現代に蘇らせる――。そんな映画「ジュラシック・パーク」(1993年)のストーリーを参考にした昆虫食品「虫入りコハク」を、和歌山県の地域活性化支援団体・いなか伝承社が発売しました。


琥珀

 いなか伝承社は、和歌山県の伝統的な醤油の醸造技術を使った「昆虫発酵調味料イナゴソース」を昨年から販売している団体(関連記事)。「虫入りコハク」には同商品に加え、砂糖や寒天を使用しています。琥珀のように透き通った黄褐色をしており、内部にはクリシギゾウムシの幼虫が。

 同団体の代表を務める田中寛人さんは幼いころからの恐竜好きで、以前から「実際に虫を閉じ込めた食べられるコハク」を作ってみたいと思っており、その夢を実現させた昆虫食品なのだそう。天然のクリシギゾウムシを1匹ずつ採取するなど手間をかけているため、1つあたりの製作時間は7日間にも及ぶとのこと。

 30箱の数量限定販売となっており、料金は5個入りで1200円(税込/送料別)。申込方法などの詳細は、該当のFacebook記事からご確認ください。


画像 色は、本物の琥珀にそっくり

マッハ・キショ松

関連キーワード

昆虫 | 支援 | 地域活性 | 恐竜


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう