ニュース
» 2016年11月28日 18時44分 UPDATE

3DSのVCに「ライブ・ア・ライブ」など6タイトル追加 スクウェア3大悪女の一角が21世紀に降り立つ

ヨヨに比べたらかわいいもんですが。

[コンタケ,ねとらぼ]

 11月28日からNewニンテンドー3DS専用のバーチャルコンソールに、スーパーファミコンのソフト6タイトルが新たに配信されます。全配信タイトルは以下の通り。


バーチャルコンソール ライブアライブ スクウェア3大悪女 画像は任天堂公式サイトより

 どれも注目のソフトばかりですか、やはり目が行くのが「ライブ・ア・ライブ」。1994年に発売されたRPGで、7つの異なる時代をプレイすることになるのが特徴です。


バーチャルコンソール ライブアライブ スクウェア3大悪女 ライブ・ア・ライブ(画像は任天堂公式サイトより)

 そして本作といえば、「スクウェア3大悪女」と呼ばれる人物の1人が登場すること。というより、その人物と関わりの深い人物のせりふが印象的です。ネタバレするわけにはいかないので、ぜひ実際にプレイしてください。

 ちなみに、残りの「3大悪女」は、「バハムートラグーン」の「ヨヨ」と、「魔界塔士Sa・Ga」のミレイユ(または「FF8」の「リノア」)。このなかでも特に「ヨヨ」はその悪女ぶりがぶっちぎりもぶっちぎりです。

 同作の主人公が自分で名前を決められる上にしゃべらないタイプ(主人公=プレイヤー自身)、かつヒロインの「ヨヨ」も名前を自分で決められる仕様だったため、主人公に自分の名前、ヨヨに好きな子の名前を付けてプレイした子どもも多かったはず。実際、序盤はとらわれの姫とそれを救い出す主人公という、理想的な展開です。

 にもかかわらず、途中で敵キャラに○○○れるわ、明らかに○○○するわ、揚げ句その後グラフィックが変わるわ、終盤で擦り寄ってくるわというとんでもない悪夢とトラウマを小学生たちに植え付けました。許すな。「ヨヨ」を絶対に許すな。まあでも、リアルと言えばリアルな展開ではあります。おとなになるってかなしいことですね……。

 というかこの頃のスクウェアのRPGのヒロインときたら、FF7のエアリスは○○わ、ゼノギアスのエリィは○○○化して終盤で○○するわ、サガフロのメイレンは最後に○○○○になるわ、なんかいろいろおかしい展開が続出していました。開発室の中心部に黒マテリアが置いてあったとしか思えません。当時の狂っていたスクウェアを、この「ライブ・ア・ライブ」でぜひ感じてほしいところ。

 本日追加のバーチャルコンソール配信タイトルの価格は、「ライブ・ア・ライブ」と「ファイアーエムブレム トラキア776」が926円、それ以外が823円(どちらも税込)です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー