ニュース
» 2017年01月05日 14時46分 UPDATE

スターバックスのカフェイン99%以上除去した「ディカフェ」シリーズ ラテやカプチーノなど全コーヒーメニューで展開

夜遅くてもおいしいコーヒーが飲めるぞー!

[ねとらぼ]

 スターバックスコーヒージャパンは1月11日から、カフェインを99%以上除去したコーヒーメニュー「ディカフェ」シリーズを全国のスターバックス店舗で販売します。夜遅くなどカフェインの不眠作用が気になる時間帯でも気にせず飲めるのが特長です。

ディカフェ

 「ディカフェ」は、生豆にダメージを加えないよう薬品などを使用せず、二酸化炭素と水のみでカフェインを除去したメニュー。スターバックスではこれまで提供していた「ディカフェ ドリップ コーヒー」に加え、ラテやカプチーノなど全てのエスプレッソを使ったメニューを追加50円で「ディカフェ」にして注文できるようになります。

ディカフェ

 メニューは「ディカフェ スターバックス ラテ」(Short:380円〜)、「ディカフェ カプチーノ」(380円〜)、「ディカフェ キャラメル マキアート」(430円〜)、「ディカフェ アメリカーノ」(350円〜)、「ディカフェ モカ」(450円〜、全て税別)など。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう