ニュース
» 2017年01月06日 17時13分 UPDATE

実写映画「阿修羅少女〜BLOOD-C異聞〜」2017年初秋公開! BLOODシリーズの藤咲淳一完全書き下ろし脚本

戦うことだけが、なすべきこと。

[Kikka,ねとらぼ]

 Production I.GとCLAMPが原作に携わる「BLOOD-C」シリーズの最新作、「阿修羅少女〜BLOOD-C異聞〜」が2017年の早秋公開予定で実写映画化することが発表されました。


阿修羅少女〜BLOOD-C異聞〜 阿修羅少女〜BLOOD-C異聞〜

 「BLOOD-C」は2011年にMBS・TBS系列で放送されたアニメオリジナル作品で、2000年公開のアニメ映画「BLOOD THE LAST VAMPIRE」、2006年からMBS・TBS系列で放送された「BLOOD+」に次ぐ第3の「BLOODシリーズ」作品。2012年には劇場版アニメが公開されたほか、2015年には舞台化もされています。


阿修羅少女〜BLOOD-C異聞〜 アニメ「BLOOD-C」(公式サイトより)

 今回実写映画化のメガホンを取るのは、舞台「BLOOD-C The LAST MIND」の演出を手掛けた奥秀太郎さんで。脚本は「BLOODシリーズ」第1作から携わっている藤咲淳一さんが担当します。

 ストーリーは舞台後の設定で進行し、新たな展開を盛り込んだ完全新作になるとのこと。公式サイトには「軍事政権下の戦前の日本 横暴を極める特高警察 VS 村人の血で血を洗う戦いが始まる!」と書かれており、これまでシリーズを応援してきたファンにとってはたまらない1作になりそうです。

 注目のキャストは舞台「攻殻機動隊ARISE」で草薙素子役を演じた青野楓さん、舞台「英雄伝説 閃の軌跡」や舞台「戦国BASARA」などで主演を務める松村龍之介さん、舞台「BLOOD-C」で更衣小夜役を演じた宮原華音さんらの出演が発表されているほか、古田新太さん、手塚とおるさん、田中要次さん、八神蓮さん、郷本直也さん、滝川英治さん、友常勇気さん、南圭介さんなど個性豊かな豪華キャストがそろい踏みします。

 発表後、脚本担当の藤咲さんは「映画『阿修羅少女 BLOOD-C 異聞』 新作です! 僕が舞台『BLOOD-C』の奥監督に言われるがままに書いた、欲望渦巻くBLOOD-Cになってるような……」とTwitterでコメントしました。

 主演の青野楓さんはブログで「6月から12月まで撮影していたものです!舞台BLOOD-Cをやらせて頂き、大好きな作品だったのでまた携わることができてとても嬉しいです。多くは話せませんが、楽しみにしていてください!!」とコメントしています。

阿修羅少女〜BLOOD-C異聞〜

キャスト

青野楓

松村龍之介

古田新太

宮原華音

坂井真紀

手塚とおる

八神蓮

田中要次

水野美紀 ほか

スタッフ

監督:奥秀太郎

原作:Production I.G・CLAMP

脚本:藤咲淳一

音楽:中尾憲太郎

撮影:与那覇政之

美術:中島義明

録音:白取貢

アクションコーディネーター:藤田けん

プロデューサー:奥村千之介 ほか

2017年初秋テアトル新宿ほか全国公開

(Kikka)

関連キーワード

実写 | アニメ | 劇場版 | CLAMP | Production I.G | BLOOD+


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう