ニュース
» 2017年01月22日 19時00分 UPDATE

国立西洋美術館で「アルチンボルド展」開催 代表作品「春」「夏」「秋」「冬」4点が国内初展示

シュルレアリスム以後のアーティストたちに大きな影響を与えた画家アルチンボルド。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 イタリア・ミラノ生まれの奇想の画家アルチンボルドの作品を集めた展覧会「アルチンボルド展」が6月20日より国立西洋美術館にて開催されます。代表作品である「春」「夏」「秋」「冬」4点がそろって展示される国内で初めての機会になります。


アルチンボルド展 アルチンボルド展

 アルチンボルドは果物や野菜、魚などのモチーフを組み合わせた珍奇な肖像画で有名な画家です。16世紀に活躍し、その奇想や知、論理などが交錯する絵画は、シュルレアリスム以後のアーティストたちに大きな影響を与えました。作品はルーブル美術館やウィーンの美術史美術館などに所蔵されています。


代表作品の「春」「夏」「秋」「冬」 代表作品の「春」「夏」「秋」「冬」

 「アルチンボルド展」では、世界各地の主要美術館から集められたアルチンボルドの油彩画10点を中心に展示し、アルチンボルドの世界の秘密に迫ります。展覧会は6月20日から9月24日まで、上野の国立西洋美術館にて開催されます。


関連キーワード

芸術 | 美術館 | アーティスト | イタリア | 日本初


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう