ニュース
» 2017年02月06日 08時00分 UPDATE

コウモリのように飛ぶドローンが開発される より効率的な飛行を実現する可能性も

コウモリは自在に羽の形を変えるのが特徴です。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校とカリフォルニア工科大学の研究者が、コウモリのように飛行するドローンを開発しました。YouTubeには動画も投稿されています。



 開発されたロボットは、コウモリのように羽を動かして自動飛行が可能なドローンです。動画の中の飛行テストでは、パタパタと羽を動かして飛ぶ姿が本物のコウモリにかなり近い印象。カリフォルニア工科大学のSoon-Jo Chung准教授は「このロボットデザインによって、より安全で効率的なロボットを作ることや、コウモリの飛び方に対してのより深い理解ができるようになる」と語っています。


コウモリのように飛ぶドローン コウモリのように飛ぶドローン

 コウモリは空を飛んでいる最中に形を変えられることなどから、動物の中で最も洗練された飛行メカニズムともいわれています。体には40以上の回転方向に動かせる筋骨格を持っています。


56ミクロンの膜を独自開発 56ミクロンの膜を独自開発

 自在に変形するコウモリの飛び方を再現するのは、ドローン製作において課題だったようです。ナイロンやマイラーなど従来の素材では、伸縮性が足りず対応できませんでした。代わりにシリコンをベースにした56ミクロンの膜を独自開発し、コウモリの薄い羽を再現しました。重量は93グラムという軽量性を実現しています。


飛ぶ姿を変えられる構造 飛ぶ姿を変えられる構造

 研究の中で、コウモリの飛行を模したドローンはこれまでの飛行ロボットよりも効率的になる可能性があるとしています。この研究は「A biomimetic robotic platform to study flight specializations of bats」としてScience Roboticsに掲載されています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!