ニュース
» 2017年02月20日 16時55分 UPDATE

66歳のアホウドリが孵化に成功(1年ぶり30回目以上) 野鳥としては世界最高齢の個体

育児経験が半端ないママ。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 米国ミッドウェー諸島で、66歳を超えるメスのアホウドリ「ウィズダム」が卵をかえしたことが発表されました。野生の鳥類としては世界最高齢の個体ながら、お母さんとして忙しい日々を過ごしているもよう。


画像 推定66歳のママ


画像

 「ウィズダム」が初めて標識鳥(移動経路などを調べるために標識を付けられている渡り鳥)として記録されたのは、約60年前の1956年。この時点で成熟し繁殖を行っていたことから少なくとも66歳以上と推定され、世界最高齢の野生の鳥として知られているそう。

 2016年末にミッドウェー諸島の巣で卵を産んでいることが確認されており、米国の環境保護団体が2月16日、それが無事にかえったことを発表。他のアホウドリ同様、パートナーとともにエサを与えるなどして子育てを行っているといいます。

 ちなみに、アホウドリには同じ場所で卵を産みつづける習性が。ウィズダムはミッドウェー諸島で、これまでにも30〜35匹のひな鳥を育てており、ここ数年も卵をかえしています。世界最高齢にして育児経験豊富なママのようです。


画像 ここ数年もひな鳥を育てています。画像は2016年に撮影されたもの

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー