ニュース
» 2017年02月25日 15時00分 UPDATE

これは革命やー!(遠い目) 米マクドナルドが二層構造のシェイク用を飲むためだけのストローを開発

紹介動画があのリンゴのロゴの企業のやつっぽい。

[橘 慧,ねとらぼ]

 米マクドナルドはチョコレート味とミント味のシェイクが二層構造になっているドリンク「Shamrock Shakes(シャムロック・シェイク)」の発売にともない、2層のシェイクを一度に吸引できる画期的なストローを開発したと発表。紹介動画は某りんごのロゴの企業の新製品発表風のパロディーになっています。なぜベストをつくしたのか。


画像 こちらが開発された「STRAW(Suction Tube for Reverse Axial Withdrawal)」

 開発されたのはただのストローではなく「STRAW」。“Suction Tube for Reverse Axial Withdrawal”の略で、意訳すれば“反対の軸からも飲み物を引っ張り出して吸引できるチューブ”。普通に「Jの字型のストロー作りました!」と言えばいいのに、無駄に壮大なあたりアメリカンなノリを感じます。

 というか、普通のストローで飲んじゃダメなの? という疑問を抱いている方もいらっしゃるでしょう。動画では、普通のストローでこのシャムロック・シェイクを飲むと、チョコ味かミント味の層どちらか一方しか飲むことができず、一度にチョコミント味が楽しめないのだということが熱く語られています。


画像 あいはぶあチョコ味〜、あいはぶあミント味〜

画像 あっ〜、シャムロック・シェイク!

画像 これだとチョコ味の部分しか飲めないし

画像 これだとミント部分しか飲めない

 そこで、口のなかで2つのフレーバーを楽しめるようなストローの開発が急務となりました。ロボット分野や宇宙航空分野のエンジニアがタッグを組み、流体力学などを応用しながら新ストローの開発に励みます。ズズズーっと音をたててシェイク飲んでる学者さんが少し遠い目をしているのは気のせいでしょうか……。


画像 白熱する議論

画像 「科学的に開発されたストローなんですよ」という説明シーン

画像 ズズズズズ……(哀愁漂う音)

 そして発表されたのがJの字ストロー、いや「STRAW」です。曲げた側に穴を2つ空けたのが最大のポイント。某りんごロゴ企業の最高デザイン責任者風の男性が「一度吸引するだけで、口の中に2つのフレーバーが広がる。これはもはや魔法だよ!」と熱弁しているので、もうツッコむことは放棄しました。マクドナルドすごいすごい!


画像 無駄に壮大

画像 熱弁する男性。イギリス訛りの英語を話すのでたぶんジョナサン・アイブさんリスペクトのはずだけど誰だ……。

 ちなみに新開発されたストローは全米80都市のマクドナルド一部店舗にて2000個という数量限定で本当に配布されたとのこと。ケースも付いてきたのだとか。アメリカが真面目にアホ企画している様子を見るとなんだかホッとしちゃうなあ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー