ニュース
» 2017年02月27日 08時00分 UPDATE

KDDIが「ドローン基地局」を開発、実用化へ 災害時の一時的な携帯電話サービス復旧を上空から提供

災害発生を想定した実証実験が今後実施される。

[宮原れい,ねとらぼ]

 KDDIは、災害時における携帯電話サービスの一時的な復旧を目的とした「無人航空機型基地局(ドローン基地局)」を開発。2017年3月以降に順次、国内で初めて全国10カ所の保守拠点に配備し実証を行うと発表した


ドローン基地局 携帯電話サービス 復旧 災害時 KDDI 災害時、携帯電話サービスの利用が困難なエリアに上空から提供

 ドローン基地局は、陸路での「車載型基地局」と海からの「船舶型基地局」が使えない場合に、一時的な通信エリアを構築する方法としての活用を想定。またそれに加えて、被災地の様子を上空から撮影し、リアルタイムで被災地外のエリアに映像配信する機能も備え持っている。

 同社は今後、上空における携帯電話基地局の実用化に向けて、実験試験局の免許を取得し、災害発生を想定した実証実験を各地で実施するとしている。


ドローン基地局 携帯電話サービス 復旧 災害時 KDDI 第3の基地局としてドローンを活用

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう