ニュース
» 2017年02月28日 12時00分 UPDATE

「キャプテン翼」なんと舞台化 神技シーンはダンスやイリュージョン、デジタル技術で描く

最新のデジタル技術を導入した、五感で楽しめる舞台になるとのこと。

[ねとらぼ]

 人気サッカーマンガ「キャプテン翼」(高橋陽一さん作)の舞台化が決定しました。8月18日から9月3日までZeppブルーシアター六本木で上演されます。

超体感ステージ「キャプテン翼」 超体感ステージ「キャプテン翼」 (C)高橋陽一/集英社 (C)超体感ステージ「キャプテン翼」製作委員会

 総合演出は演出家・振付家・ダンスパフォーマーとして活躍するEBIKEN(蛯名健一)さん、脚本・演出アドバイザーは世界的ダンスパフォーマンスグループenraのメンバー・加世田剛さんが担当します。出演者は今後発表の予定。

 漫画でおなじみの神技連発シーンは、ダンス、マーシャルアーツ、イリュージョン、デジタルと身体能力を掛け合わせて描き、また最新のデジタル技術を導入して五感で楽しめる舞台になるとのこと。

現在は「キャプテン翼ライジングサン」がグランドジャンプで連載

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

東大ラノベ作家の悲劇ーーティッシュ配りの面接に行ったら全身入れ墨の人がきて、「前科ついても大丈夫だから」→結果:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー