ニュース
» 2017年03月18日 18時16分 UPDATE

映画「オデッセイ」が現実に? 国際じゃがいもセンターが火星環境でのじゃがいも栽培の可能性を発表

火星で家庭菜園も夢じゃない?

[宮原れい,ねとらぼ]

 国際じゃがいもセンター(CIP)は、火星の環境をシミュレーションした中でのじゃがいも育成実験を実施。その結果、成長が認められ、栽培できる可能性があるとする報告を発表しました



火星 じゃがいも 栽培 たくましく育つじゃがいも……!

 実験では、地球上で最も火星の性質に近いペルー南部にある砂漠の砂を使用。さらに火星の昼夜の温度や気圧、高い二酸化炭素レベルなどを機械で設定した中で水をやり、しばらく観察したところ、このかなり乾燥した塩分の多い土壌でも育成が認められたということです。

 映画「オデッセイ」ではマット・デイモン演じるマークが「火星で家庭菜園」と言ってじゃがいもを施設内で育てていましたが、外の環境でも育てられるとなれば火星での生活も変わってきそうです。


火星 じゃがいも 栽培 環境をシミュレーションする機械「CubeSat」

 CIPの科学者は実験の結果から、火星での栽培に必要となる将来的なミッションを明らかにすると同時に、地球上においても厳しい環境下で人々が生き延びるのを助けるじゃがいもの潜在的可能性を示唆。今後はどの品種が一番効果的か調べ、「じゃがいもが生き残るために必要な最小限の条件を知りたい」としています。


火星 じゃがいも 栽培 火星の庭でじゃがいも栽培も夢じゃない?(「オデッセイ」予告編より

(宮原れい)


関連キーワード

火星 | 映画 | 科学


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー