ニュース
» 2017年03月29日 11時30分 UPDATE

Facebook、エフェクトを楽しめるカメラ機能を提供開始 24時間で消える「Facebook Stories」の追加も

各種エフェクトを備えた新しいFacebookカメラ機能と、撮った写真や動画をシェアするための追加機能を発表。

[ねとらぼ]

 Facebookは米国時間の3月28日、各種エフェクトを備えた新しいFacebookカメラ機能と、撮った写真や動画をシェアするための追加機能を発表した。

Facebook

 発表によると、FacebookアプリのiOS版およびAndroid版で、左上隅をタップするか、ニュースフィードを右にスワイプすることで、Facebookカメラを使用することができるようになるとのこと。このカメラは、マスク、フレーム、インタラクティブフィルタなどのエフェクトを搭載しており、写真や動画に適用できる。

 参考例としてリアクティブエフェクトで舞い落ちる雪といったアニメーションを追加したり、スタイルエフェクトで動画にリアルタイムでアーティスティックなフィルタをかけアート作品風にすることも可能だと説明している。

Facebook アートなエフェクトも

 「エイリアン:コヴェナント」(2017年9月公開)、「怪盗グルーのミニオン大脱走」(2017年7月21日公開)、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」(2017年5月12日公開)、「パワーレンジャー」(2017年7月15日公開)、「Smurfs:The Lost Village」(公開未定)、「ワンダーウーマン」(2017年8月25日公開)といった映画とコラボしたマスクも公開される。

Facebook

Facebook 各種マスク

Facebook ロンドンで活躍するイラストレーター、ハティ・スチュワート氏やカナダの美術家、ダグラス・クープランド氏による描き下ろしアートも収録される

 Facebookアプリにはこのほかにも2016年にInstagramが発表した「Instagram Stories」のような、24時間で消えるコンテンツ「Facebook Stories」を追加。複数の写真や動画を1つの投稿にまとめてニュースフィード上部にシェアできるようになる。ストーリーに投稿した内容は、他の場所に投稿し直さないかぎり、タイムラインやニュースフィードに表示されることはない。

 また、特定の友達とだけシェアしたい時のために、「ダイレクト」という機能も追加する。個々の写真や動画を指定した友達に時間限定でシェアできるようになるという。なお、ダイレクトで写真や動画を送信すると、友人はそのコンテンツを2回まで見ることができる(写真や動画を最初に開いた後、24時間以内ならもう1回開ける)。

FacebookFacebook ニュースフィードの上部にあるストーリーバーの「ストーリー」アイコンをタップ(左)、ダイレクト機能(右)

関連キーワード

Facebook | 動画 | 写真 | カメラ | Facebookアプリ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう