ニュース
» 2017年04月01日 09時00分 UPDATE

ひづめが10年間手入れされていなかったポニー、ベルギーで保護 伸びすぎて1回転半ねじれる

馬の足に見えないレベル。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 ベルギーの動物保護団体が、飼育放棄されていたポニーを保護し、10年間野放しになっていたひづめなどを手入れしたと発表しました。ひづめって、こんなに伸びるんだ……。


画像 動物保護団体のWebサイトより

 ポニーのひづめはうねるように伸びた結果、足先でくるんと1回転半しています。動物保護団体も「24年間見たことがない」とコメントするほどのひどい状態で、本当にこれが馬の足なのかと思わず疑ってしまう見た目。とても歩きにくそうですが、飼育放棄のせいで外に出る機会自体ほとんどなかったようです。

 同団体はこのひづめを、のこぎりで短くカットしたのち、さまざまな道具を使って整えたそう。同じように伸びきった毛の手入れも行われ、現在は見違えるようにきれいになっています。


画像 保護されたポニーのビフォーアフター(Facebookページより)

 とはいえ、ひづめの変形は関節にまで悪影響を及ぼすほど深刻。動物保護団体から長期間にわたるケアが施される予定です。

マッハ・キショ松

関連キーワード

Facebook | 動物 | 健康


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう