ニュース
» 2017年04月11日 10時00分 UPDATE

もしかして共食い……? イカがイカを捕える瞬間が南極海で撮影される 体当たりしながら触手でがっちりホールド

深海調査の準備中にたまたま撮れたもの。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 オーストラリアの研究機関・CSIRO(オーストラリア連邦科学産業研究機構)が、南極海でイカがイカを捕らえる瞬間を撮影した動画をYouTube上に公開しています。もしかして共食い……?



 南極海の深海生物を調査しようと機材の準備をしている際に、たまたま撮影されたもの。小さなイカが棒の先端に飛びついた直後、早い速度で泳いできた大きなイカが、体当りしながら触手で捕獲。小さなイカは身動きが取れないまま、画面外に連れ去られてしまいます。このまま食べられちゃったのかなあ……。

 National Geographicによれば、イカにはよく共食いをする種が存在するほか、別種間での捕食も珍しくないそう。人間にはショッキングに見える映像ですが、深海では意外とよくある光景なのかもしれません。


画像 画面左から伸びている棒は、水深を調べる機材

画像 それに寄ってきた小さなイカ

画像 横から大きなイカが現れて……

画像 触手でがっちりとホールド

画像 2匹はそのまま画面外へ。わずか数秒間の出来事でした

 なお、南極海には約70種のイカが生息しているものの、その種を特定するのは難しいとのこと。CSIROも動画に登場した2匹のイカを「not so friendly squid(あまり仲の良くないイカ)」と説明するに留めています。


マッハ・キショ松


関連キーワード

南極 | 撮影 | 動画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう