ニュース
» 2017年04月14日 08時00分 UPDATE

“出前ロボ”、サンフランシスコに登場 歩道を熟知し障害や横断歩道を乗り越え食事をお届け

Yelp Eat24のアプリで注文すると、ロボットはレストランへ。食事を受け取り客へ配送します。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ロボットメーカーのMarbleが、Yelpのフードデリバリー部門・Yelp Eat24と提携。サンフランシスコにて、ロボットによるデリバリーサービスを開始することを発表しました。高さ1メートル程度の貨物車のようなロボットが、4輪走行で出前をしてくれます。


出前ロボ 路面状況を判断して安全に出前。なんとなくかわいい


 Yelp Eat24のアプリで注文をすると、ロボットがレストランへ移動。店員により食事がコンテナに積まれると、客のもとへ配送します。コンテナは注文時に発行されるパスワードを入力することで開けられます。


コンテナ コンテナの扉はパスワードで管理

 ロボットは内蔵のセンサーやカメラで、周囲の状況を詳細に把握。信号を識別して走行するほか、路面のひび割れなど障害を回避できるそうです。また、常に都市の歩道をマッピングし、輸送ルートと配達時間の最適化に役立てています。

 コンテナは積み荷の種類に応じて最適な状態で搬送できるよう換装が可能。今後は食事以外の配送も視野に入っているようです。


(沓澤真二)


関連キーワード

ロボット | Yelp | 食事 | 注文 | 宅配


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう