連載
» 2017年04月16日 14時50分 UPDATE

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編) (3/4)

[やしろあずき,ねとらぼ]

なんでネカマをしようと思ったの?


やしろあずきの調査

「ではいろいろネカマについて聞いていこうと思うんだけど……まずなんでネカマをしようと思ったの?」



やしろあずきの調査

「しようと思って……というか、僕の場合は自然になってしまったんですよね」



やしろあずきの調査

「自然に」



やしろあずきの調査

「はい。むしろ自然にネカマになってしまった人って結構多いと思いますよ! 周りにもそういうタイプの人多いし……自ら望んでネカマになる人って逆に悪いネカマが多いと思います」



やしろあずきの調査

「わ……悪いネカマ!? なんだそれ……まあそれは後で聞くとして、じゃあその自然にネカマになったキッカケを教えてほしいな」



やしろあずきの調査

「高校生のときにプレイしていたネトゲで、性別によって能力が変わるみたいなゲームがあったんですよね。自分が使いたい能力が女性のキャラクターしか使えなかったので、女性キャラクターでゲームを始めたんですよ」



やしろあずきの調査

「あーーーー……あったなそのゲーム……。あのゲームが多くのネカマを生み出した元凶の可能性もあるのか……」



やしろあずきの調査

やしろあずきの調査

「で、最初は普通に男性としてゲーム内で振舞っていたし実際の性別を聞かれたら男ですって答えるつもりでプレイしていたのですが……。ある日ゲーム内で知り合った男性から執拗に『女の子扱い』を受けるようになったんですね」



やしろあずきの調査

「あー……まあ、レベル上げ手伝ってあげるよ! とか敵の攻撃は僕が受けるからその間に攻撃していいよ^^とかそういう……」



やしろあずきの調査

「それもそうですし、会話でもなんかいろいろ気を使ってくれたり、なんというか、今風の言葉でいうなら姫扱いですかね」



やしろあずきの調査

「もう性別を聞くまでもなく最初から女性だと決めつけられていて『男です!』って言うタイミングを逃してしまったんですよね。アイテムとかももらったりしてたし」



やしろあずきの調査

「貢ぎ物だ……」



やしろあずきの調査

「やしろさんからもめちゃくちゃもらいましたよね」



やしろあずきの調査

「そうだよ!!!! 返せ!!!! 全部返せ!!!! 悪魔のヘアバンド返せ!!!!



※悪魔のヘアバンド ラグナロクオンラインの昔のレアアイテム。当時はクソ高かった。


やしろあずきの調査

「いや……もうキャラ消してるので……。まあそれで、仕方なくその人の前では女性を演じるようになっていったんですが、その後その人つながりで知り合う人も全員女性扱いをしてくるタイプの人で……。気が付くともう当たり前のようにネトゲ内では女性として振る舞うようになっていました」



やしろあずきの調査

「ネカマの完成だ。ぶっちゃけ、女性を演じることが楽しかったっていうのもあるの?」



やしろあずきの調査

「あ、それは間違いなくあります。全く普段とは違う自分を演じることに新鮮さというか、そういうものを感じるようになって……。会話をしていて女性だって思われるとうれしくなりましたし、どう振る舞えば本当に女性だと思ってもらえるか実際の女性を見て研究をしたりもしました」



やしろあずきの調査

「そう……一応確認しておくけどゲイではないんだよね?



やしろあずきの調査

「違います。ネカマってゲイの人めちゃくちゃ少ないと思いますよ。ネカマのコミュニティーでも普通にリアルじゃ女性が好きな人や、結婚してる人だって多かったです。もちろんゲイの人もいるにはいるんですが、少数派です」



ネカマのコミュニティーって何?

やしろあずきの調査

「というか、さっき言っていた『ネカマのコミュニティー』って何? ネカマが集まる村みたいなもの? 焼き払っていい?



やしろあずきの調査

「どんだけネカマを恨んでるんですか……。大体やしろさんだって一通りだまされたあと自分もネカマやったって言ってたじゃないですか!」



やしろあずきの調査

「うっ……いやまあ、搾取される側からする側になろうと思って。疲れて数カ月でやめちゃったけど」



やしろあずきの調査 女性だと思ってたキャラの中身が全員男性だった地獄のオフ会があったのもこのころ

やしろあずきの調査

「某ギャンブル漫画みたいなせりふを言わないでください……。で、ネカマのコミュニティーっていうのは、その名の通りお互いがネカマだってことを知っているネカマが集う場所のことです。ゲーム内のギルドであったり、ゲーム外のチャット……今だったらLINEグループとかですね。いろんな場所に存在すると思いますよ」



やしろあずきの調査

「ちょっと待って、ネカマってまず自分が男だってことを隠してゲームしているわけだよね。どうやって同族、ネカマを見つけてコミュニティーを作るの?」



やしろあずきの調査

「それはですね、分かるんですよ。ネカマ歴が長いとやっぱり……あ、この人男だなっていうのが。モロバレの場合もありますし、かなり巧妙に擬態している場合はちょっと探ってみたりもしますが……」



やしろあずきの調査


やしろあずきの調査

「分かるんです」



やしろあずきの調査

「そのネカマの判別方法とやらはすごく気になるから後で聞くとして、相手がネカマだって自分の中で確定したらどうするの? すぐ仲間に入れるの?」



やしろあずきの調査

「まあ、普通にこそーっと近づいてwis(耳打ち)とかで『君、男だよね? 実は私も』みたいな。その後気が合ったらコミュニティーに招待します」



やしろあずきの調査

「『君、男だよね? 実は私も』ってせりふ、全体チャットで誤爆とかしてほしい言葉ナンバーワンだわ……。じゃあそうして集まったネカマ同士の情報交換場所みたいなものなんだね……」



やしろあずきの調査

「はい。あ、あとラグナロクオンラインの私のサーバだと、プロンテラ某所にネカマ専用のたまり場が存在して、秘密裏に各ギルドのネカマたちが集ってコミュニケーションを取ってたりもしました」



やしろあずきの調査

かぁ〜〜〜〜〜〜〜〜ッ枝テロしてぇ〜〜〜〜〜



やしろあずきの調査

※枝テロ アイテムを使ってモンスターを召喚し、近くにいるプレイヤーをぶち殺す手法。アサシンでクローキングしながら臨公広場で枝テロだ!


やしろあずきの調査

「まあ、やしろさんがさっき言った情報交換所って言い方は本当に正しくて……さまざまなネカマ界隈(かいわい)の情報とかが共有される場所でもあります」



やしろあずきの調査

「ネカマ界隈の情報って、例えばどんな?」



やしろあずきの調査

「それはゲームにもよりますが……まあ、あのギルドのアイツはネカマを見破る能力が強いから気を付けろ、とか。あいつは少し話しただけで告白してくるから注意して接した方がいい、とか」



やしろあずきの調査

「つらい」



やしろあずきの調査

「あと、どこどこのコイツは少し媚(こ)びればすぐアイテムや(ゲーム内の)お金をくれるからちょろいぞ……とか」



やしろあずきの調査

「何だよそれ怖ッ!!! もう詐欺集団の会話じゃん!!!!」



やしろあずきの調査

「いや、言っておきますけど全てのネカマがこうじゃないですからね! さっき言った悪いネカマですよこういうのは! 僕もこのときはまだこんなことは言ってませんでしたし……」



やしろあずきの調査

「このときはまだ……?」



やしろあずきの調査

「……まあそれも後々……あ、あとは普通の雑談だってしてましたよ。ほら、やっぱりネカマって基本的には孤独なんですよ。本当の自分を隠して常に周囲と接しているわけですし。本当の自分、男としての自分をさらけ出して話したくてつらい気持ちになるときが僕にもあって、そんなときにコミュニティーの存在に救われたというか」



やしろあずきの調査

やしろあずきの調査

「ふーん……というかそんなつらくなるならもう最初からネカマやらなきゃいいじゃん……」



やしろあずきの調査

「いや、やっぱり女性を演じる自分も好きだし楽しいんですよ! 一度ハマっちゃうと抜けられないんですよ。ネカマって



やしろあずきの調査

「ほんと違法薬物みたい……」



やしろあずきの調査

「あ、あとそのコミュニティーを通じてネカマの傭兵集団みたいなギルドができたこともありましたね」



やしろあずきの調査

「よ……傭兵? 何それ?」



やしろあずきの調査

「大手ギルド同士の争いのときとかに雇われて、戦闘のちょっと前あたりに優秀なネカマを相手のギルドの中にスパイとして潜り込ませるんですよ。そしてギルド内で適当な色恋沙汰を起こしてそのギルドを半崩壊に追い込むんです。崩壊とまでいかなくともギルド内がギスギスした状態で連携なんかうまくいくわけないですから、結果的にギルドの力を弱めることができます。そして報酬をもらうと」



やしろあずきの調査

「ええ……適当な色恋沙汰を起こすって、そんなうまくいくものなの……?」



やしろあずきの調査

「大丈夫です。ネトゲ内の大手ギルドって童貞率が高いので。それに、送り込まれるのは男を落とすことに特化したネカマのスペシャリストなので」



やしろあずきの調査

「ひどい言われようだ。しかし潜入工作で給与をもらうって、ゲーム内とはいえ立派なビジネスとして成り立ってるよな……怖……」



やしろあずきの調査

「私たちネカマも生きていくためにはお金が必要なので……」



やしろあずきの調査

やしろあずきの調査

「普通にクエストとかで稼いでくれ」



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:私は“奇跡”をタイプした――それが本当の地獄の始まりだと誰が気付くだろう?


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー