連載
» 2017年04月16日 14時50分 UPDATE

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編) (4/4)

[やしろあずき,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4       

ネカマって悪だと思う? 良いネカマ、悪いネカマって何?


やしろあずきの調査

「いろいろ聞いてきたのだけど、僕として1つ聞きたいことがあって……正直ネカマって悪だと思う?



やしろあずきの調査

「悪……ですか。やしろさんはどう思ってます?」



やしろあずきの調査

史上最悪の悪だと思ってます



やしろあずきの調査

「ですよね」



やしろあずきの調査

「だって、基本的に人をだましてるわけじゃないですか! 私は女の子でーす! って。中身はよく分からんオッサンのクセに女性をかたって女性プレイヤーとしての恩恵を受けてさ、あげ句の果てにはゲーム内で何人もの男を手駒にとってアイテム貢がせたり、結婚システムを悪用して結婚詐欺紛いのことをしたり……悪でしょ! どう考えても!!」



やしろあずきの調査

「まあ、基本的にネトゲの世界の男性は女性プレイヤーに優しいですからね……」



やしろあずきの調査

「本当だよ! 俺もちょっとネカマをやってみたとき、明らかに周りの男性プレイヤーからの扱いが今までと違ったからね。何もしてないのにお金もアイテムも増えていくの。なんでこんな皆女性プレイヤーに優しいの?」



やしろあずきの調査

童貞が多いからじゃないですか?



やしろあずきの調査

「納得した」



やしろあずきの調査

「悪かどうかの話に戻るんですが、確かにネカマは常に他人をだましているということにはなりますね……でも、だからネカマは全て悪だとは思ってほしくないです……。良いネカマだっているということをやしろさんには知ってもらいたいですね」



やしろあずきの調査

「ふむ……さっき言ってた良いネカマと悪いネカマがいるって話かな」



やしろあずきの調査

「そうです。これは僕の考えなのですが、ネカマって2種類いると思っているんです。1つは『純粋に女性を演じるのが楽しい人』。これは周りに危害を加えない、ただ自分がネトゲを楽しむための手法の1つとしてネカマを演じているタイプで、『良いネカマ』です」



やしろあずきの調査

「もう1つは『女性だと勘違いさせるのが楽しい人』。これは甘い誘惑で男性から(ゲーム内の)金品をだまし取ることを初めから目的としてネカマを始めたタイプで、『悪いネカマ』です。」



やしろあずきの調査

「なるほど」



やしろあずきの調査

「悪いネカマは言ってしまえば詐欺師のようなものなので完全に悪ですが、良いネカマはロールプレイの一貫として女性になりきっているので悪とはいえないんじゃないかなぁと……」



やしろあずきの調査

「なるほど……それは分かりました。確かにどうプレイするかなんて人それぞれだもんな……でも! でもですよ!! 『良いネカマ』の人だって本人は女性として平和にロールプレイをしているつもりでも、そこで出会った男性に好かれちゃうかもしれないんですよ!?」



やしろあずきの調査

「まあ……それは確かにそうですね」



やしろあずきの調査

「好きになっちゃった人はその人に振り向いてもらおうと必死になりますよ!? しかも恋愛慣れしてない中学生とかだったら余計に……もう毎日がワクワクドキドキで……何をしたら喜んでくれるのかなとか、まだ見たことのない相手の顔を想像して、いつの日か会えることを願って……それで蓋を開けたら相手が良い歳したおっさんですよ!? 全ての時間が無駄になる!! 中学生という貴重な青春時代に使った時間全て!! これは悪じゃないんですか!? 悪とは言わないんですか!!??



やしろあずきの調査

やしろあずきの調査

「……まあ、それは確かに……というか自分のこと言ってます?」



やしろあずきの調査

お母さんに彼女ができそうとか報告しちゃった僕の気持ち考えたことあるんですか!?



やしろあずきの調査

「お母さんに報告しちゃったんだ……」



やしろあずきの調査

「いや、やしろさんの言いたいことはすごくよく分かります。なんというかすいませんでした……。これは『良いネカマ』の先輩からの受け売りなのですが、『異性として興味を持たれる前に引く』ことを心掛けるようにネカマをやっていくことが良いネカマでいるために重要なことだと思っているんです」



やしろあずきの調査

「惚(ほ)れさせないようにするってこと? というかそこまでするなら私本当は男だけど女のフリするからそこんとこよろしくね! って最初に言っちゃえばよくない?」



やしろあずきの調査

正体がバレたらゲームオーバーなので。いや、それやってる人ももちろんいるとは思いますが」



やしろあずきの調査

「人里に紛れ込む魔物か何かかよ」



やしろあずきの調査

「やっぱり惚れられてしまったら、やしろさんが言っていた通りに相手に無駄な時間、努力、その他もろもろを使わせてしまうじゃないですか……。それは僕ら的にもやはり『悪』だと思います。だから決して相手の気を引くような行動はしない。もしそれでも相手が押してきたら、適度に引く、時には冷静に突き放す……このような意思を持って誰も不幸にしないようにネカマとしてのロールプレイをしていけるよう努力しているんです、良いネカマは!」



やしろあずきの調査

いや、私貴方に惚れましたけど?? しかも結構気を引くような発言とかされた結果惚れましたけど???? え????



やしろあずきの調査

「それは完全に僕が悪いです。すいませんでした」



やしろあずきの調査

やしろあずきの調査

「あっ、認めるんだ」



やしろあずきの調査

「……これは言わないでおこうと思っていたんですが、あのころちょっと『悪のネカマ』にも足を踏み入れていまして……。実はやしろさんをこっぴどく振ったあと、1年ぐらいは悪のネカマとして活動してたんですよね……」



やしろあずきの調査

「こっぴどく振ったとか言うなよ……」



やしろあずきの調査

「悪のネカマの言葉として『友達以上恋人未満をキープできてこそ一人前のネカマ』という言葉がありまして……。自分に惚れてきた相手を恋人にしちゃって長期的に搾り取っていくのも良いのですが、友達以上恋人未満な男性を多数キープしておいたほうが多方面から貢がれて結果稼ぎが良いんですよね。だからうまく相手をコントロールして恋人一歩手前ぐらいて止めておくという」



やしろあずきの調査

「確かにそんな感じだったなーーーーーあーーー死にたいなーーーーー」



やしろあずきの調査

「まあ、その後またすぐ改心して、今は良いネカマでいれるよう常に気を張っているんですけど……! というわけで当時は中途半端に悪のネカマとしての心も持ち合わせていた結果、純粋な中学生だったやしろさんをだましてしまうことになって……本当にごめんなさい。めっちゃ楽しかったです



やしろあずきの調査

最後なんつったコラ



やしろあずきの調査

「……まあ、まあいいや。なんか謝ってもらえて長年突っかかってた何かが消えた気がする……うん、良かったよ話せて」



やしろあずきの調査

「そう言ってもらえるとありがたいです……。ネカマは確かに人をだまして生活しています。けど、先ほど話したようにできるだけ人を不幸にしないよう、変な勘違いをされないように心掛けて活動しているネカマもいるということだけ忘れないでいただけるとうれしいです!」





 はい。前編は以上となります。

 どうでしたでしょうか皆さま。僕は死にたいです。

 この記事、まだ続きます。後編はこの記事を読みながら、


「ネカマ怖い! 今仲良くしてるあの子ももしかして……?」

とか、

「どうやったら悪のネカマのカモになるのを防げるの!?」


などと思った方のために実際に良いネカマ、悪のネカマ両方を身をもって体験したCeciliaにこんな行動をする女性キャラクターはネカマの確率が高いかも!? 悪のネカマの手法、そしてネカマを見破る最強の方法などを聞いていきたいと思います!! 必見!

 それでは!


 この記事でさらした僕の過去について突っ込んでくるのは本当にやめてください。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー