ニュース
» 2017年04月17日 20時35分 UPDATE

関東 朝の通勤時に雨や風ピーク

30度超えも。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

天気 関東地方は18日(火)の明け方から朝に雨や風のピークに。局地的には道路が川のようになるほどの激しい雨が降るでしょう。また、沿岸部を中心に立っていられないくらいの風が吹き、交通機関が乱れる恐れも。

交通機関への影響に注意を

 関東地方も18日(火)は春の嵐となるでしょう。17日(月)午後6時現在、すでに南部を中心に雨が降り出しています。雨の範囲はさらに広がり、18日(火)に日付が替わる頃から雨の降り方が強まるでしょう。南よりの風も次第に強まります。特に明け方から朝は雨や風のピークとなるでしょう。局地的には雷を伴い激しい雨が降る見込みです。「激しい雨」とは、道路が川のようになるくらいの降り方です。高速道路ではブレーキが効かなくなることがありますので、注意が必要です。

 また、明け方から朝は都心周辺でも傘がさせないくらいの強い風が予想されます。雨の降り方が弱くても、雨がナナメに降ってきて体がぬれてしまうでしょう。レインコートやタオル、着替えなどをお持ちになるとよさそうです。また、沿岸部を中心に立っていられないくらいの風が吹く所があるでしょう。交通機関が乱れる恐れもありますので、朝、早めに起きて交通情報を確認してください。雨は昼頃までにやみますが、夕方にかけて風の強い状態が続くでしょう。

30度超えも

 なお、18日(火)は朝から気温が高く、日中は広く25度を超えるでしょう。内陸部では30度以上の真夏日となりそうです。急な暑さで体調を崩さないよう、お気をつけください。


天気

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう