ニュース
» 2017年04月21日 17時30分 UPDATE

ガンバ大阪を応援する横断幕、旗などがすべての公式戦で禁止に 一部サポーターがナチスを思わせる旗を使用したため

以前にも類似のトラブルがあり、サポーターグループに警告していました。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 Jリーグ・ガンバ大阪が、公式戦で同クラブを応援する旗などの使用を禁止することを明らかにしました。16日に行われた対セレッソ大阪戦で、一部のサポーターがナチス親衛隊を表す「SS」というマークを連想させる旗を掲げていたことへの対応。


ガンバ大阪 公式戦でのすべての掲出物が禁止に(ガンバ大阪公式サイトより)

 ガンバ大阪は20日、「セレッソ大阪戦において、政治的思想を連想させるフラッグの掲出がありました」とWebサイト上で発表。翌日、すべての公式戦で同クラブを応援する横断幕、旗、ゲートフラッグをはじめとした掲出物の使用を、当面のあいだ禁止することを明らかにしました。Jリーグ共通ルールなどで「政治的・宗教的思想を含む、もしくは連想させるフラッグ等の掲出」は認められておらず、再発防止が目的とのこと。

 ガンバ大阪では以前にも類似のトラブルが発生しており、同クラブは該当のサポーターグループに対して警告を行っていました。今回の当事者はまだ判明していませんが、分かり次第、厳正な対応を行うとし、「ルールを順守して応援して頂いているファン・サポーターの皆様には大変ご迷惑をおかけします」と謝罪しています。


ガンバ大阪 ガンバ大阪公式サイトより

マッハ・キショ松

関連キーワード

Jリーグ | 警告 | 謝罪


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう