ニュース
» 2017年04月28日 12時39分 UPDATE

手縫いの刺繍でコマ撮りアニメが作れるのか! たった16枚で表現した「カービィダンス」が秀逸

「星のカービィ」シリーズ25周年のお祝いに自作。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 刺しゅうで制作したゲーム「星のカービィ」のコマ撮りアニメが、「すごい」「愛を感じる!」と話題になっています。手描きならぬ手縫いアニメって、どれくらい手間がかかるんだろう?

 「星のカービィ」シリーズは、1992年4月27日にゲームボーイ用ソフトとして誕生し、先日25周年を迎えました。投稿者はそのお祝いに、クロスステッチという刺しゅうの手法を使い、コマ撮りアニメを制作。ステージクリア時に3体のカービィが踊る「カービィダンス」を布で表現しています。

 Twitter上では「細かくて愛のあるクロスステッチ」「労力がすごい」と、縫い物をアニメーション化する努力に絶賛の声が。投稿者によれば、各ポーズのカービィを1枚1枚縫って完成させたそうです。かなり時間かかったんだろうなあ。

 実はカービィの前後左右の移動を布自体を少しずつ動かして表現することで、布の枚数を16枚に抑えているとのこと。手間暇を惜しまない刺しゅう作りと、それを効率的に使うための工夫で実現させたコマ撮りアニメというわけですね。


画像 刺しゅうで「カービィダンス」


画像


画像 3体のカービィがきれいに動いています


画像 ラストは……


画像 25周年のお祝いメッセージ

動画提供:はるみちさん(@harumichi412

マッハ・キショ松

関連キーワード

星のカービィ | アニメ | お祝い | 刺繍 | ゲーム


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう