ニュース
» 2017年07月04日 19時16分 UPDATE

ドラマ「ごめん、愛してる」第1話で副音声 声優・神谷浩史が長瀬智也と共演

ドラマでの日本語吹き替えは異例の試みとのこと。

[のとほのか,ねとらぼ]

 TOKIOの長瀬智也さん主演の日曜劇場「ごめん、愛してる」(7月9日スタート)で、副音声での日本語吹き替えという異例の試みが決定。「化物語」阿良々木暦役や「進撃の巨人」リヴァイ役などで知られる人気声優の神谷浩史さんを起用し、長瀬さんと共演します。

神谷浩史 アテレコを行う神谷さん

 同ドラマは、母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律を巡るラブストーリー。ドラマ第1話で、長瀬さん演じる律は、律を兄のように慕う韓国マフィアの跡取り息子・ぺクラン(イ・スヒョク)と韓国語でやりとりしますが、この副音声で、神谷さんがぺクラン役を、長瀬さんは自身の韓国語を日本語で吹き替えます。

 アニメ声優の第一線で活躍する神谷さんは、普段のアフレコ現場とは違いスタッフに囲まれる中での収録に「落ち着かなかったです(笑)」と緊張気味だったことを明かしつつ、「一緒に作っているという感覚を味わえた感じがして、すごく楽しかったです」とコメント。長瀬さんについては、「吹き替えを作ってるって感じが全くしないんです。何でもできるんだな、と感動してしまいました」と順応力に驚嘆したようです。

 長瀬さんもドラマでの吹き替えという初の作業は「不思議な感じ」とコメントしながら、神谷さんについて、「(ペクランを演じている)イ・スヒョイクさんと神谷さんとは当たり前ですが声が違うんですけど『こんな声だったな』と思わせるんです。息ひとつにしても細かいところまで神経を使っているし、声だけで世界を作っている感じが本当にすごい」と感動しきり。「副音声もぜひ楽しんで」と呼び掛けています。

ドラマ「ごめん、愛してる」 ドラマ「ごめん、愛してる」

(C)TBS

関連キーワード

ドラマ | アフレコ | 声優 | 神谷浩史


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう