ニュース
» 2017年07月07日 21時55分 UPDATE

中国製アプリ「Final Clash」のトレイラーに「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の映像がそのまま使用される

ゲーム内容は「ゼルダ」と全然違う。

[Minoru Umise,AUTOMATON]
AUTOMATON



BOTW

 iOS/Android向けアプリ「Final Clash」のプロモーションに「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の映像が使用されていることがgonintendoなどで報告されている。対象となるのは6月22日にFacebookに投稿されたトレイラーだ。このトレイラーでは水色の服を着た勇者が氷の柱を生み出し、巨大生物と戦う姿が映し出され、最後に唐突に「Final Clash」のロゴが表示される。プレイしたユーザーならすぐに分かると思うが、この映像は「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」のもの。具体的には、同作の「3rd トレーラー」の映像を抜き出して使用していると思われる。

 奇妙なのは、「Final Clash」のゲーム内容は、まったくと言っていいほど「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」との共通点を持たないことだ。「Final Clash」はマルチプレイ対応の3DRPGである。リアルタイムコマンドを選択していく戦闘がメインの典型的なスマホゲームになっており、ほかのプレイヤーと協力したり、戦うコンテンツが用意されている。「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」はご存じの通り、完全一人用のアクションアドベンチャー。3Dであることは同じだが、ゲームデザインからシステムまで全てが異なっている。中国における「ゼルダの伝説」の認知度を利用した可能性もあるが、盗用するにしてもゲームジャンルがかけはなれていることは否めない。

 AUTOMATON編集部は、この件について「Final Clash」をリリースしたPopPaceに問い合わせたところ、同社は「すぐに広告業者に問い合わせ、できる限り早くこの問題を解決する」と返答した。ちなみにこの返答から3時間が経過しているが、現時点では動画は削除されていない。

 PopPaceはプラットフォーム型のオンラインゲームビジネスを展開しており、プレイした限りでは少なくとも「Final Clash」はゲームとしてはそれなりにまともに作られている印象だ。YouTubeに投稿されているトレイラーを見てもそうした一面が分かるだろう。PopPaceは広告業者に一任していたのか、あるいは確信犯だったのかは不明だが、いずれにせよその責任の一端を担う立場にあるだろう。コメント欄は盗用を指摘する声で埋まっているが、トレイラーの再生回数は26万回を超えており、「Final Clash」の周知には役立ったようだ。


BOTW

 以前にも「スプラトゥーン」の素材を盗用したゲームが中国でリリースされたこと報じたが、今回はプロモーション映像が盗用されている。もちろん、中国のゲーム企業全てがこうした盗用をするわけではなく、「ICEY」や「Lost Castle」などをパブリッシングしたX.D. Networkを代表に、正面からゲーム産業に取り組んでいる企業も存在している。しかし、今回のようなことがあると「盗用の中国」というイメージは拭えぬままだろう。世界中のユーザーから疑いのまなざしが向けられているPopPaceが、今後どのような対応を見せるのか気になるところだ。

関連記事

Copyright (C) 2017 AUTOMATON. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう