ニュース
» 2017年07月15日 10時00分 UPDATE

森の木を1年間撮影したら、いろんな動物さんが遊びにきてた!

オオカミさんもクマさんも。

[姫野ケイ,ねとらぼ]

 アペニン山脈(イタリア)の森の中にある木を、定点カメラで1年間撮影した動画が公開されています。

 雪がかぶった地面をイノシシさんやオオカミさんといった野生動物が通り過ぎて行きます。画面いっぱいに大きな動物が写ったと思ったら、立派な角を持った大きなシカさんでした。この木の前は、多くの野生動物の通り道となっているようです。

のそのそイノシシさん
大きなシカさん

 季節は巡り、茶色い落ち葉が地面を覆う季節に。そしてまた、吹雪の音が鳴りひびく冬。地面は雪で真っ白に。

オオカミさんこんにちは〜
雪の中を歩くイノシシさん

 やがて雪解けを迎えました。オオカミさんがカメラの目の前で用を足す大胆な姿もおさめられています。

ちょっと失礼

 大きなクマさんもやってきました。立ち上がって背中を木にこすりつけ始めるクマさん。背中をかく道具としてもこの木は利用されているようです。

かい〜の

 動物さんたちの自然の中での姿が見られるステキな動画。この木は森の動物たちを見守っているようにも見えますね。

子クマさんも木が気になる

姫野ケイ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう