ニュース
» 2017年07月20日 14時58分 UPDATE

「コミティア122」が現在の規模で初めて当日朝の会場設営に 協力者を募集中

コミティア史上稀に見る事態。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 2017年11月23日開催の創作マンガ同人誌即売会の「COMITIA(コミティア)122」で、会場都合により、5000スペースの会場設営を当日早朝に行うことになり、協力者を募集しています。

 会場の設営は通常、前日夜に行っており、当日朝の設営は約15年ぶり。しかも、15年前は現在の5000スペースよりはるかに少ない1000スペース規模だったそうで、現在の規模で当日朝の設営を行うのは初めてとのこと。公式サイトでは「朝の限られた時間で設営を完了するには、いつも以上にたくさんの一般協力者の力が必要です。ぜひ皆さんの力を貸してください」と呼びかけています。

 作業内容は机を立てて図面通りに並べ、椅子を机に置く、アンケート用紙やサークルスペースの表示シールを机に張るなどの単純作業。協力者には当日のティアズマガジンと特製軍手をはじめとした記念品が贈呈されるそうです。

 会場は東京ビッグサイトで午前6時30分から午前9時ころまでを予定。協力者の募集は11月6日まで、公式サイトのフォームより受け付けています。

公式サイトのキャプチャ 当日朝6時30分に集合できる協力者を募集中(公式サイトより)

 コミティアはプロ・アマを問わないマンガ描きが自主出版した本を発表・販売する展示即売会で、総入場者数は2万〜3万人となる大きなイベントです。2014年には30周年を記念した作品集も刊行されています(関連記事)。

クロニクルのキャプチャ 30周年記念作品集「コミティア30thクロニクル」

高橋ホイコ

関連キーワード

募集 | イベント


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう