ニュース
» 2017年07月29日 16時01分 UPDATE

モリサワが秋リリースの新書体発表 文脈を考慮した連綿体となる「みちくさ」、豪快な黒さの「黒曜」など

みちくさが気になる。

[ねとらぼ]

 モリサワは、2017年秋にリリースする新書体を発表しました。対象製品は、MORISAWA PASSPORT製品、MORISAWA Font Select Pack製品、クラウドフォントサービス TypeSquare。

 リリースするのは、線画の交差部分の墨だまり表現や、エレメントの端々に角丸処理を加えた「A1ゴシック」、幾何学的な要素を取り入れ海外の表記ルールを満たす文字種を多く備える「Citrine」、OpenType機能を使用することで縦組みの際に文脈を考慮した連綿体となる「みちくさ」、豪快でたっぷりとした黒みをもつデザイン書体「黒曜」、紙面上でのインクのにじみを再現した「秀英にじみ明朝」、中国と19世紀日本の書体をマッチングした「きざはし金陵」など。


フォント A1ゴシック

フォント Citrine

フォント みちくさ

フォント 黒曜

フォント 秀英にじみ明朝

フォント きざはし金陵

 各書体の詳細やリリース日は、新書体特設ページにて今後案内される予定です。

関連キーワード

フォント | モリサワ | デザイン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう