ニュース
» 2017年08月06日 21時30分 UPDATE

VR施設「カプコンVR」がイオンモール津田沼店にオープン ゾンビと戦うシューティングゲームなど用意

剣を使ったアクションもあるでよ。

[大里ミチル,ねとらぼ]

 千葉県にあるイオンモール津田沼店に8月10日、アクションゲーム中心のVR施設「カプコンVR」がオープンします。剣と魔法で暴れ回る「サークルオブセイバーズ」や、第2次世界大戦の兵士やゾンビと戦えるアクションゲームなど、カプコンならではのガッツリとしたアクションゲームが用意されています。


カプコン 遊べるVRゲームは3種類

 VRゲームは3つあり、剣と魔法をモチーフにした「サークルオブセイバーズ」、第2次世界大戦の兵士になって敵軍の猛攻を耐え抜く「フロントディフェンス」、360度から襲いかかってくるゾンビを撃ち倒す「ホードZ」。サークルオブセイバーズは「モンスターハンター」との限定コラボ仕様になっており、「飛竜刀」「にゃんにゃんぼう」が使えます。


カプコン VRロゴ

 料金は1枚300円のチケット制。入場時に基本チケット900円(チケット3枚付き)かお得パック1500円(チケット6枚付き)のどちらかの購入が必要となっています。

(大里ミチル)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう