ニュース
» 2017年08月13日 15時43分 UPDATE

空港でなくなった大事なテディベア 持ち主の男の子と無事再会

よかったね。

[ねとらぼ]

 4歳の男の子がなくしてしまったテディベアに無事再会するという心温まる出来事が、海外で起きました。

 米テキサス州のダラス・ラブフィールド空港で7月末、祖父母と一緒に家に帰るところだった4歳のルークくんは、大切なテディベアをなくしてしまいました。探しても見つからず、ルークくんの両親はFacebookに情報を求める書き込みを投稿します(投稿はその後削除)。それを受けて同空港も「特別なテディベアを見つけるのを手伝って」と呼びかけ。

 それが功を奏したようで、翌日には同空港がテディベア発見を報告。さらには空港にやってきたルークくんとテディベアの再会の様子も動画で公開しています。テディベアを抱きしめるルークくんの様子から喜びが伝わってきます。

再会の様子

 ダラス・ラブフィールド空港のFacebookには、ルークくんの迎えを待つ間に空港で楽しむテディベアの姿も投稿されています。なおルークくんの母親は米メディアに、もうなくさないように電話番号を縫い付けておくと話しています。

空港をエンジョイするテディベア

(画像はダラス・ラブフィールド空港のFacebookから)



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう