ニュース
» 2017年08月25日 13時42分 UPDATE

ダイナース、有名飲食店のドタキャン席を買取・再販する「ごひいき予約」を開始 カード会員向けにLINEで通知

急に空いた席に座れるかもしれません。

[Kikka,ねとらぼ]

 ダイナースクラブカードを発行する三井住友トラストクラブが8月24日から、直前キャンセル(ドタキャン)によって生じた空席を買い取り、ダイナースクラブカード会員向けに再販するサービス「ごひいき予約」を開始しました。予約困難な飲食店を「ごひいきさん」のように当日予約できることが最大の魅力です。


無断キャンセル キャンセル ドタキャン キャンセル料 ダイナース レストラン 予約 予約困難 「ごひいき予約」のシステム(リリースより)

 サービス開始時点での参加店舗は南青山の「NARISAWA」、六本木の「日本料理 龍吟」、銀座のすし店「青空(はるたか)」、銀座のすし店「ダイナーズクラブ すきやばし次郎 会食会」など予約の取りづらい人気店16店。

 店舗でキャンセルが発生するとダイナースクラブがその席をいったん買い取り、公式LINEアカウントで、クラブ会員に向けてキャンセル情報を告知。会員は「ごひいき予約」専用サイトから予約・決済ができるというシステムです。


無断キャンセル キャンセル ドタキャン キャンセル料 ダイナース レストラン 予約 予約困難 サービス開始時点度の参加店舗(ごひいき予約公式サイトより)

 三井住友トラストクラブサービスは、飲食店が客から直前キャンセルされてしまうと、仕入れた食材や人件費のロスが生じる他、別のお客さんを入れることができないといったさまざまな損害につながると説明。予約日時に客が来ないNo Show(無断キャンセル)は、予約全体の1〜3%に達するともいわれており、その年間推定損失額は飲食業界全体で750〜2000億円にもなるとのこと(一般社団法人 日本フードサービス協会公表の外食産業市場規模に基づき、三井住友トラストクラブが算出)。

 今後は、参加店舗や展開エリアを拡大する予定で、顧客の位置情報に合わせた店舗告知の配信や、人気シェフによるレコメンド機能などの追加も予定しているとのことです。

 飲食店の予約キャンセル問題については、無断キャンセルをした客の電話番号を共有し、リスクヘッジしようとする個人サイト「予約キャンセルデータベース」が話題になるなど、近年社会問題にもなりつつあります(関連記事)。

(Kikka)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう