ニュース
» 2017年09月02日 17時15分 UPDATE

「何が始まるんです?」「ハッピーセットだ」 ハッピーセットをイメージしたコマンドーイラストが完全におっさんホイホイ

無線機<「頭のいかれた大男がいる」「筋肉モリモリマッチョマンの変態だ」

[Kikka,ねとらぼ]

 1985年に公開された映画「コマンドー」が、もしもハッピーセットになったら――大胆なアイデアをイラストにした作品がファンたちをうならせています。何が始まるんです?

 「コマンドー」はアーノルド・シュワルツェネッガーさん演じる主人公、ジョン・メイトリックスが活躍するアクション映画。日本語吹き替え版のセリフが今なおネットスラングとして使われるなど、非常に人気の高い作品です。


コマンドー ハッピーセット アーノルド・シュワルツェネッガー

 そんなコマンドーをマクドナルドのハッピーセット風にしてしまったのは、茶んた(@Chanta_in_inari)さん。コマンドーに登場する乗り物、アイテム、武器、人物を6つのおもちゃ風イラストで表現しています。

 まずは助手席シートを引きはがされた上に、最終的には大破する「シンディの車(サンビーム・アルパイン)」。そしてメイトリックスとのカーチェイスの末に横転する「サリーの愛車(ポルシェ911タルガ)」。これら乗り物系はプルバックすると走る仕様になっており、お子さまにも喜んでもらえそうです。


コマンドー ハッピーセット アーノルド・シュワルツェネッガー

 続いては、メイトリックスの外見を描写する名言を生んだ「ビックスの無線機」。「頭のいかれた大男がいる」「筋肉モリモリマッチョマンの変態だ」などのセリフが聞こえるようになっています。もちろん声は石塚運昇さんですよね。

 さらにシンディがメイトリックスを助ようとして後方へ誤射することでもおなじみの「ロケットランチャー」は音や赤い光が出るようです。「説明書を読んだのよ!」ごっこを忠実に行うためにも説明書もセットでお願いしたいところ。


コマンドー ハッピーセット アーノルド・シュワルツェネッガー

 そして主人公・メイトリックスと、かつてはメイトリックスの部下でありながら、敵となったベネットのフィギュアも用意。こちらはフィギュアの背中に付けられたレバーで各キャラクターの手が可動するという、ハッピーセットおなじみの仕様で、クライマックスのナイフ1本での最終決戦が再現できそうです。


コマンドー ハッピーセット アーノルド・シュワルツェネッガー

 このイラストには、コマンドークラスタたちが続々と反応し、「(全種類そろえるのに)一人では手に負えん」「(全部揃えて)プロですから」「(景品のご希望は?)筋肉モリモリ、マッチョマンの変態だ」などのセリフ大喜利や、「メイトリクスの車引っぱって離しても走らない(傾斜に乗せると走る)」「ロケットランチャーには説明書も付くんですよね?」など想像するファンも。また「BTTFとか時計じかけのオレンジとか…」と他作品のハッピーセットを希望する声も聞かれました。“羽のついたカヌー”も欲しいなぁ……。


コマンドー ハッピーセット アーノルド・シュワルツェネッガー

 また茶んたさんはこれ以外にも名作絵本シリーズでコマンドーを表現したイラストなどたくさんのコマンドー愛にあふれた作品を発表しています。「最後に殺すと約束したな。あれはウソだ」「地獄に落ちろベネット!」と全力でなり切りながら鑑賞するととっても楽しいですよ。コマンドー、繰り返します、コマンドー!

茶んたさんのコマンドー作品

画像提供:茶んた(@Chanta_in_inari)さん

(Kikka)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう