ニュース
» 2017年09月06日 17時37分 UPDATE

YouTube Liveに遅延を低減する改善 視聴者とのコミュニケーションがより速く快適に

チャットには不適切なメッセージを自動で識別し対応できる機能も追加。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 YouTubeが公式ブログで、新機能「Ultra-low-latencyモード」を発表しました。撮影した映像がYouTube Live視聴者へ届くまでの遅延を大幅に低減します。


低遅延 遅延解消のイメージ

 ヘルプページによると、視聴者とリアルタイムで活発に交流するライブ配信に適したモード。視聴者からの質問に答えて応答するといったやりとりを、スムーズに行えます。オプションでモードを選択するだけで利用でき、特別なソフトやエンコーダーは不要とのこと。ただし、視聴者側のバッファー量が増加する可能性があります。


設定 オプションで選択するだけで使用可能

 同時に、不適切なメッセージを自動で識別し、ブロックなどの対応ができるといったチャット機能の改善も発表されています。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう