ニュース
» 2017年09月19日 12時10分 UPDATE

ゲームオーバーで偏差値ゼロ Twitterで人気の「頭の悪い人」をホラーゲーム化した動画が話題に

プレイすると頭が悪くなるかも?

[エンジン,ねとらぼ]

 Twitterなどで人気の「頭の悪い人」(関連記事)がゲームになってしまいました。



 制作したのはroa/映像つくるひと(@roaroa_movie)さん。ゆるキャラの風格漂うあのキャラが、なぜかホラーゲームのゾンビのように追いかけてくるシュールさ満点の映像になっています。

 ゲームの舞台は真夜中のとある林。地面に落ちているリンゴを獲得することによって、左上に表示されている「偏差値」というパラメーターが上昇していきます。

 頭の悪い人 リンゴを食べて偏差値アップ!

 ですが、注意しなければなりません。背後から聞こえてくる笑い声に振り向くと、そこにはあの「頭の悪い人」が!

 頭の悪い人 キャー!

 彼(?)につかまってしまうとゲームオーバー。無情にも画面に「へんさち0」とひらがの表示が。どうやら、頭の悪い人によって頭を悪くされてしまったようです。くやしいなー。

 頭の悪い人 いったい何をされたのか

 なぜこのようなゲームを作ったのかroaさんに質問してみたところ、「暇つぶしと、簡単なゲームくらい作れるようになってみたかったから」との回答が。制作ツールにはUnityを使用し、完成まで5時間程度を要したそうです。また、このゲームはあくまでも動画用に作ったもので、配布の予定はないとのことでした。


 偏差値アップアイテムがリンゴである理由は、元ネタとなった画像にリンゴが使われていたため。単に逃げるだけではつまらないと考え、ゲーム性を高める要素としてリンゴを採用したそうです。なおTwitterでは「リンゴ=知恵の実だからではないか」との考察もされていましたが、roaさん曰く「偶然」とのこと。別の意味性に気付く頭の良さに感心した様子でした。

 怖いのかアホなのかよくわからないこのゲームに対しTwitterでは、「怖い絵柄でなくてもズンズン迫ってくるのには恐怖を感じる」「これならホラーゲーム苦手でも出来そう」「才能の無駄遣い」といったコメントが多く見られました。

動画提供:roa/映像つくるひと(@roaroa_movie)さん/元動画BGM:Senses Circuitびたちー素材館


エンジン


関連キーワード

偏差値 | Unity


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう