ニュース
» 2017年09月24日 12時29分 UPDATE

吉高由里子、映画「ユリゴコロ」舞台あいさつでハイボールへの"純愛”告白 「愛の結晶のシュワシュワ(笑)」

吉高節さく裂でしたが、最後は監督からの感動的なコメントも。

[田下愛,ねとらぼ]

 映画「ユリゴコロ」の初日舞台あいさつが9月23日に都内で行われ、吉高由里子さん、松坂桃李さん、佐津川愛美さん、清野菜名さん、清原果耶さん、熊澤尚人監督が登壇しました。

 この日は、さまざまな形で“純愛”が描かれている「ユリゴコロ」にちなみ、登壇者たちが純愛にまつわる話を披露。松坂桃李さんは、「親父がお袋にプロポーズしたとき、土下座するような感じで『僕は君と結婚できなきゃ死ぬ!』と」という自身の両親の話を語り、お客さんや登壇者を驚かせました。

「ユリゴコロ」舞台あいさつ 「聞いたときは、『うわうわうわ、そんなのドラマのせりふでもないよ』って感じだったんですが、今思い返すとそれぐらい思いが強かったんだな、純愛かなって」と両親の結婚秘話を明かした松坂桃李さん

 「狂気的な……純愛なような脅迫なような……まあ、愛は凶暴なんだよ」と松坂さんの話に独自の解釈を展開してみせた吉高由里子さん。純愛について聞かれると、「20歳を過ぎてお酒のCMをいただいてから、日本でも海外でも家でも外食してもハイボールを飲む純愛を貫いています。愛の結晶のシュワシュワ(笑)」とお酒への愛を告白も。

「ユリゴコロ」舞台あいさつ ハイボール愛を語り、「土曜日なので、みなさんもお家に帰っていかがでしょうか? お後がよろしいようで」としっかりオチまでつけた吉高さん

 さらに、舞台あいさつに出席できなかった木村多江さんからは動画メッセージ、松山ケンイチさんからは手紙が寄せられ、松山さんの「僕自身も誰かのユリゴコロとして存在できたら幸せだと感じる映画でした」という作品愛にあふれたメッセージが読み上げられました。しかし、これに吉高さんは「手紙だときれいにおさまる方だなと(笑)」と突き落とすような一言。松坂さんも「(松山さんは)ユニークですよね」とうなずき、客席は爆笑。

 終始、天然さを感じる発言で客席をにぎわせていた吉高さん。一方で、クライマックスの撮影では「2日間ずっと泣きっぱなしで、こめかみが切れるんじゃないかというくらい涙腺を絞り出した」という演技の大変さを語る場面もあり、ラストに熊澤監督が「吉高さんなくして『ユリゴコロ』は作れなかった。血を流しながら涙を流しながら熱演してくれたおかげで出来上がった。吉高由里子の100年残る代表作だと思っています」と感動的なコメントで締めくくると、「恥ずかしい」と手を合わせつつスマイル。照れる吉高さんとともに舞台あいさつは幕を閉じました。

「ユリゴコロ」舞台あいさつ 熊澤監督の言葉に大テレなかわいい吉高さん

 沼田まほかるさん作のベストセラー小説を映画化した「ユリゴコロ」は、1冊のノートにつづられた殺人者の女性の記録を入り口に過去と現実が交錯していくミステリー。9月23日から全国公開中です。

(C)沼田まほかる/双葉社 (C)2017「ユリゴコロ」製作委員会

田下愛


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう