ニュース
» 2017年10月15日 22時00分 UPDATE

「Super Mario Run」や「ポケモンGO」も スマホゲーアプリがドミノになった動画が登場、原作へのリスペクトが止まらない

その数、なんと2万枚。

[大里ミチル,ねとらぼ]

 「2048」や「Candy Crush Saga」といった数々の人気ゲームアプリをモチーフにしたドミノが、海外で話題になっています。「Super Mario Run」ドミノではマリオが走ったり、「2048」ドミノではちゃんとスコアが加算されたりと、芸が実に細かい。

 オーストリアに住むドミノ・アート集団“Austrian Domino Art”が製作したもの。各種ドミノもちゃんとゲームの世界観とマッチしたものになっており、例えば「Candy Crush Saga」ではキャンディーを動かすことでドミノ崩しが開始したり、「Pokemon GO(ポケモンGO)」ではモンスターボールがピカチュウを模したドミノの壁に向かっていきおいよく激突するなど、原作ゲームをモチーフにしたさまざまなギミックがニクいところ。


ドミノ 「Candy Crush Saga」をモチーフにしたドミノは、連鎖させることで崩れていきます

ドミノ 「Super Mario Run」ではマリオが勢いよく土管までダッシュ!

ドミノ 「ポケモンGO」ではモンスターボールが勢いよくピカチュウへ投げられます

 勢いがついたドミノは最後の「Jetpack Joyride」コーナーへ。このコーナーではジェットパックをモチーフにしたドミノが並べられており、それらが倒れると火を模した線香花火がバチバチ散るなど、最後まで原作愛たっぷりのドミノでした。


ドミノ 「2048」では、ドミノが終わったあとこうやって……

ドミノ ちゃんとスコアが加算されました。この細かさが実にニクい

(大里ミチル)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう