ニュース
» 2017年10月18日 14時45分 UPDATE

ドワンゴ、ライブ劇場「ニコファーレ池袋」&新サテライトスタジオを2019年オープン

場所は豊島公会堂跡地に建設予定の「Hareza池袋」の一角。【追記あり】

[ねとらぼ]

 ドワンゴは2019年に豊島公会堂跡地に建つ予定の新ホールの1つとして最新の映像技術や通信技術を駆使した未来型ライブ劇場「ニコファーレ池袋」および最先端のインターネット放送を特徴とする新たなサテライトスタジオをオープンする。

ニコファーレ 「Hareza池袋」イメージ

 東京建物とサンケイビルが推進している「(仮称)豊島プロジェクト」の一環。豊島区が掲げる「国際アート・カルチャー都市」のシンボルとして、(仮称)新区民センターを合わせ8つの劇場空間の整備が計画されている。「ニコファーレ池袋」は豊島公会堂跡地の「B敷地」内の新ホール棟1階を予定している。

ニコファーレ

 「ニコファーレ池袋」は、フジサンケイグループの音楽・映像ソフトメーカーであるポニーキャニオンが建設し、ドワンゴが命名権を取得。通常の音楽ライブのほかにもネットを使用したバーチャルキャラクターによるライブパフォーマンスやアニメ・ゲーム関連のステージイベントなどの実施を想定している。

※11月7日追記:ドワンゴから実際は命名権を保有するのみとの連絡があり記事を修正しました。

 なお、10月28日と29日に開催する「池袋ハロウィンコスプレフェス2017」において、建設現場および建設現場に隣接する中池袋公園でプレオープンイベントが予定されている。コスプレ撮影スポットが設置されたり、ステージイベントなども予定している。

ニコファーレ 場所は豊島公会堂跡地

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう