ニュース
» 2017年10月28日 17時41分 UPDATE

台風22号 急加速のち上陸の可能性も

台風22号は、29日に九州に接近し、急加速して、暴風域を伴ったまま東よりに進む見込みです。警戒時間も早まり、進路によっては上陸の可能性も。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

暴風域を伴い九州へ

台風22号 台風22号の雲の様子(28日15時現在)

 台風22号は、28日15時現在、鹿児島県の与論島付近を北上しています。沖縄県南城市の糸数では、28日8時前に、最大瞬間風速44.2メートルを観測。また那覇市では、28日正午までの12時間で135.5ミリの雨が降るなど、大荒れの天気となっています。このあとも勢力を維持したまま北上を続け、29日の朝には、暴風域を伴いながら九州に接近する見込みです。

台風22号 台風の予想進路(28日15時50分現在)

29日は急加速

 29日、台風は偏西風に乗って、急速にスピードアップ。暴風域を伴ったまま日本の南の海上を北東へ進む見込みです。四国や本州の太平洋側にかなり接近する予想で、その接近のタイミングも、これまでの予想より早くなっています。四国や近畿は29日の昼過ぎ、東海や関東は夕方から夜に、最も接近する見込みです。

 太平洋側を中心に非常に強い風に警戒が必要です。海上や海岸付近では高波にも警戒してください。また前線が停滞しているため、台風が近づく前から大雨になる所もありそうです。土砂災害や川の増水、低い土地などの浸水にも警戒し、落雷や竜巻などの突風にも注意してください。台風21号の影響を受けた地域では、被害が広がる恐れもありますので特に注意が必要です。

上陸の可能性は

 最新の予報ですと、本州の南の海上を北東へ進む見込みで、29日の夜に、伊豆諸島や房総半島に最も近づく恐れがあります。台風が予報円の北よりの進路を通ると、本州に上陸する可能性もあります。最新の台風情報や、お住まいの自治体から発表される避難情報を確認して、十分に警戒してください。

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう