ニュース
» 2017年11月28日 12時10分 公開

ニャース気球も出現! 1000人のロケット団入団希望者が佐賀県でピカチュウの人文字づくりに成功

佐賀県の地方創生プロジェクト「サガプライズ!」がポケモンとコラボ。

[林美由紀,ねとらぼ]

 11月26日、佐賀県の吉野ケ里歴史公園に「ポケットモンスター」に登場するピカチュウの巨大人文字が登場した。黄色・黒・赤・白・茶色のTシャツを着た1000人の参加者により、10月25日から実施されていたイベントのフィナーレを盛大に祝った。

ピカチュウとニャース気球 人文字によるピカチュウとニャース気球

 「ニャース気球佐賀襲来!〜気球の街でサガせ!ロケット団員1000万人!!〜」の一環で、当日は早朝からロケット団入団希望者が集まり、ロケット団が長年追い続けているピカチュウの巨大人文字づくりに挑戦した。イベントは「佐賀県はロケット団員を募集する」と突然告知され、11月1日から5日間開催されたアジア最大級の熱気球大会「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」に「ポケットモンスター サン&ムーン」に登場する「ニャース気球」が飛んだり、スタンプラリー等による団員誘致活動が行われていた(関連記事)。

ポスター ニャース気球佐賀襲来!〜気球の街でサガせ!ロケット団員1000万人!!〜

 イベント最終日の人文字作りでは再びニャース気球が登場し、会場を盛り上げた。人文字づくり終了後は、参加者の中から抽選で当選した人を対象に、ニャースとの記念撮影会とニャース気球搭乗体験も実施された。


人文字 1000人のロケット団入団希望者によるピカチュウ

ニャース気球 ニャース気球の登場で会場も大盛り上がり

ニャースと記念撮影 ニャースと記念撮影

 なお、イベントは終了したが佐賀市白山付近で開催中のイルミネーションイベント「サガ・ライトファンタジー」では、2018年1月18日までロケット団のフォトスポットが展示されている。


フォトスポット 設置場所は佐賀市白山市のエスプラッツ南側

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう