ニュース
» 2017年12月03日 13時35分 公開

『バットマン・ビヨンド』のライアン・ベンジャミン“激レア原稿入り福箱”に行列……! アメコミ界の巨匠がそろい踏みの東京コミコン、編集部厳選アーティスト特集

アメコミ版『ゴジラ』のマット・フランク先生はデスゴジを描いてくれました……!

[Kikka,ねとらぼ]

 「東京コミックコンベンション2017」(東京コミコン)のアーティストアレイコーナーに『バットマン・ビヨンド』などで知られるアメコミ界の巨匠、ライアン・ベンジャミン(Ryan Benjamin)先生、『ゴジラ:ルーラーズ・オブ・アース』などで知られるマット・フランク(Matt Frank)先生らが登場し、ファンが長蛇の列を作っています。


ライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラ ライアン・ベンジャミン先生

 12月1日から3日まで幕張メッセ(千葉・美浜区)で開催中の東京コミコン。会場ではマッツ・ミケルセンさんらが登壇したスペシャルステージや下書きなしの筆ペンアートを行うアーティスト、キム・ジョンギ先生によるライブドローイング、貴重な映画資料や衣装が展示されるなど見逃せないコンテンツが盛りだくさんですが、筆者のイチオシは何と言っても“アーティストアレイコーナー”です。

 このコーナーには国内外から集まったアーティストがブースを出展しており、自身の作品を販売したり、ファンと交流をしたり、アーティストに代金を支払ってイラストなどを描いてもらうコミッションを受け付けたりしています。


ライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラ ライアン先生の福箱。スケッチがカッコイイ!

ライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラ 福箱とともに書籍なども取り扱い

 中でも大注目なのはライアン・ベンジャミン先生の“福箱”。1万5000円(250ドル分の原稿入り)と2万5000円(350ドル分以上の原稿入り)の2バージョンが用意されていて、これまでにライアン先生が描いた原稿や未発表のスケッチ、DCコミックスで描いた本などが入っているとのこと。さらに福箱本体にもライアン先生のスケッチが入っており、これだけでもファン垂ぜんの逸品です……!


ライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラ 福箱に入っている原稿の一部

 さらに2万5000円バージョンには『ジャスティスリーグ』『バットマン・ビヨンド』『ODYSSEY OF THE AMAZONS』『Grifter and Midnighter』の原稿が必ず1枚以上入っている他、90年代の今となっては貴重な原稿も入っているとあり、初日から開場と同時に長蛇の列ができていました。


ライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラ

 毎年海外アメコミアーティストを招聘し、ライアン先生とも親交が深いyokkun(@MetalYoshi)さんによると、コミッションの一番人気は「バットマン」とのこと。スケジュールによっては当日のコミッションも受付可能な他、神の筆さばきを見られる機会はそうそうないので、ぜひ遊びに行っていただきたいと思います。


ライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラ ライアン先生の作画道具

ライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラ コミッションをお願いするファンの男性(許可を得て撮影しています)

ライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラ バットマンを描くライアン先生

ライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラ ファンとも気さくに交流してくださるライアン先生。ありがとうございました!

 続いてはアメコミ版『ゴジラ』で知られるマット・フランク先生のブースです。今回はゴジラなどの作品の他に、発表されるやいなや特撮ファンから大きな期待が寄せられているアメコミ版『レッドマン』の特別予告限定版を持参し、注目を集めていました。


ライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラ 『レッドマン』(左)と『ゴジラ:ルーラーズ・オブ・アース』(右)を持つマット・フランク先生

 複数冊を抱き合わせ購入した際には希望のキャラクターをスケッチをしていただけるとのことなので、ゴジラ、特撮ファンの皆さんにオススメです。ちなみに筆者も『レッドマン』『スケッチブック』『ゴジラ:ルーラーズ・オブ・アース』を購入し、デスゴジ(映画「ゴジラVSデストロイア」に登場したバーニングゴジラ)のスケッチを描いていただきました。大きく咆哮しながら煙るゴジラかっこいい……。


ライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラ デスゴジを描いてくださったマット先生

ライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラ 最高かよ……!

 日本人アーティストの柳澤康介先生もブースを出展。日本人ならではの線の柔らかさとアメコミの世界観を見事に融合させた東京コミコン2017のキービジュアルも柳澤先生の作品で、会場内の大パネルと一緒に記念撮影する人の姿も多く見られました。


ライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラ 画集を持つ柳澤康介先生。画集は無配とは思えぬクオリティーで超最高です……!

 ブースでは液晶タブレットを使用してのライブペインティングを行っている他、「ULTRAMAN」のコンセプトアートなどが収録されている画集を無料配布するなど大盤振る舞い。柳澤先生ご自身もとても気さくな方でした。


ライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラ ブースではライブドローイングも開催

 最後はインディペンデント怪獣映画「狭霧の國」のリアルパペットが展示されているLos Gatos Worksブースです。


ライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラ ネブラがいるLos Gatos Worksブース

 展示されているのは長い首と尻尾が特徴的な怪獣「ネブラ」のヘッドレプリカがメインで、ネブラが口を開けて威嚇する様子などをスタッフさんが再現してくれます。現在怪獣映画ではCGを使った表現が主流となっていますが、あえて時代に逆行して着ぐるみにこだわっていると言い、楽しみな1作となりそうです。


ライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラ

ライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラ

ライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラ

ライアン・ベンジャミン 東京コミコン マット・フランク バットマン ゴジラ

 コミック、映画、アニメーション、ゲーム、ショーなどを一挙に集めた日米ポップカルチャーの祭典「東京コミコン」は、昨年(2016年)に続き今回が2回目の開催(関連記事)。12月1日の開幕セレモニーにはスタン・リーさん、スティーブ・ウォズニアックさん、カール・アーバンさんら豪華ゲストが登場するなど盛り上がっています(関連記事)。

東京コミックコンベンション2017

2017年12月1日から3日までの3日間開催

場所:幕張メッセ 国際展示場ホール9-11(千葉市美浜区中瀬2−1)

12月1日:12時から19時

12月2日:10時から19時

12月3日:10時から18時

当日チケット一般:3500円(税込)

当日チケット中高生:2500円(税込)

(撮影・文:Kikka,撮影:ゴトウ)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう