連載
» 2017年12月07日 18時00分 公開

サラリーマン、プリキュアを語る:「なんだあの動きは?」「板岡錦だ!」 プリキュアがカッコよく動く、アニメーター板岡錦の世界 (2/4)

[kasumi,ねとらぼ]

キュアジェラート変身バンクのすごさ

 この「キュアジェラートの変身」バンク、本当にすごいのです。

 もちろん他のキャラの変身バンクもすごいのですが、個人的にはここまで「感情に訴えかける」変身シーンは初めて見ました。


 どの構図がすごいとか、画の枚数が〜とか、そういったテクニック的なことは言いません。

 といいますか、自分はただのファンですから、そういったことは分かりません。

 ただ、わずか1分10秒の変身バンクの間で「立神あおい」から「キュアジェラート」へ変わっていく「ストーリー」が超絶的な技法で描かれている、と僕は感じるのです。

キラキラ☆プリキュアアラモード

 キュアジェラートの変身バンクは、

「お嬢様」と「ロック」を、
「かわいい」と「カッコイイ」を、
「自由」と「情熱」を、

 そして、「なぜ、立神あおいは、キュアジェラートになるのか?」

 「立神あおいはどんなキャラで、キュアジェラートになると、どんなキャラになるのか?」を凝縮した1分10秒なのです。


キャラが良く動く

 板岡さんの描くバンクシーンは、とにかく、よく動くのです。

 しかも「カメラ」が動くのではなく、「キャラクター」が画面中を縦横無尽に動き回るのです。

 変身シーンというと、「変身する箇所のアップでつないでいく」印象があるじゃないですか。

 板岡さんの描かれる変身バンクは違うのです。

 キャラが生き生きと、画面中を動き回り、躍動します。

キラキラ☆プリキュアアラモード キャラが縦横無尽に動き回る

キラキラ☆プリキュアアラモード

キラキラ☆プリキュアアラモード 1回転

 変身バンク」で「キャラクターが180度回転する」ってすごいですよね。


「かわいい」と「カッコイイ」を両立

 さらに、「かわいい」と「カッコイイ」を両立させる画の力がすごいのです。

キラキラ☆プリキュアアラモード かわいい

キラキラ☆プリキュアアラモード カッコイイ

キラキラ☆プリキュアアラモード やっぱりかわいい

 立神あおいってどちらかというと、カッコイイキャラだと思うのですけど、変身シーンでときおり見せる「かわいい」しぐさと表情にドキっとさせられるのです。「カッコイイ!」と思ったら、次の瞬間「かわいい!」になり、と思いきや最後はまた「カッコイイ!」となるのです。

 特に変身バンク中に描かれる「目」に力が宿っているのを感じるのです。目力がすごいのです。


アイデア満載の変身。

 バレエっぽい動きから変身開始。
 アイスクリームに包まれて、衣装を身にまとう。
 ジャケットを羽織る姿。
 片方のソックスを上げるシーン
 ギターを弾きながらの名乗りシーン。

キラキラ☆プリキュアアラモード 女児向けアニメの変身シーンとは思えない大胆なアングル

キラキラ☆プリキュアアラモード 締めはメロイックサインで

 変身シーンの随所に、面白いアイデアがこれでもか、とばかりにちりばめられています。

 特に、しゃがんでソックスの片方を上げるシーンは女児向けアニメとは思えない大胆な構図なのです。

 締めは、メロイックサインですしね。


変身シーンにストーリーがある。

 バレエで始まった変身シーンが、「自由」と「情熱」を混ぜ合わせ、躍動、跳躍し、ロックで完成する。

キラキラ☆プリキュアアラモード バレエではじまり……

キラキラ☆プリキュアアラモード ロックで変身が終わる

 これは自分の想像ですけど、

 お嬢様が、その抑圧された感情を最大限解放し、プリキュアになる。

 そんなストーリーを連想せずにはいられません。

 素人がバンク演出とか語っても陳腐になるだけなのですが、とにかく「画面から伝わってくる熱量」がとんでもなく高く、「たのしい、かわいい、カッコイイを子どもたちに届けよう」という思いの力を感じます。

 自分は、プリキュアの変身バンクは例年、リピートして何回も見るのですけど、「キラキラ☆プリキュアアラモード」で最も見たのは間違いなく「キュアジェラート変身バンク」でした。

 女児向けアニメ「だからこそ」、丁寧なお仕事をされているのが画面の端々から伝わってきます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.