ニュース
» 2017年12月10日 17時30分 公開

山火事で家を失ったカリフォルニアの住民、惨状を動画に 多額の寄付集まる

卒業アルバムの残がいが痛々しい。

[ねとらぼ]

 米カリフォルニア州で起きている山火事で、家を失った男性がその惨状を動画で投稿しました。彼を支援しようと多額の寄付が集まっています。

 動画を投稿したのは、YouTubeで人気チャンネルを運営するウィリアム・オスマンさん。はじめは元気よく視聴者にあいさつするオスマンさんですが、その背景は全焼してしまった自宅の焼け跡……何もかもが焼けてしまっています。

最初は元気に見えるオスマンさん
撮影しているのは自宅の焼け跡

 焼け跡を歩き、工具でがれきを掘り起こすオスマンさん。卒業アルバムの残がいや焼けてしまった家財を見つけ、「本当にひどい」と涙ぐみます。

がれきを掘り起こす
卒業アルバムの残がいが……
涙ぐむオスマンさん

 現在オスマンさんの友人が寄付サイト「GoFundMe」で彼のために寄付を募っており、16万ドル(約1800万円)以上が集まっています。

寄付のページ。オスマンさん夫妻は無事に避難できたとのことですが、生活を立て直すのは大変そうです

 同州では数日前から複数の山火事が発生、およそ20万人が避難していると報じられています。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう