ニュース
» 2017年12月13日 22時04分 公開

JR東海が在来線に「駅ナンバリング」導入 訪日外国人に向けて路線記号・路線カラー・駅番号でわかりやすく

TOICAエリアや訪日観光で人気の駅に導入されます。

[宮原れい,ねとらぼ]

 JR東海は12月13日、在来線の駅に「駅ナンバリング」を2018年3月以降に順次導入することを発表しました


JR東海 在来線 駅ナンバリング 導入 ホーム上の駅名サイン(※イメージ)

 導入の対象となる駅は、TOICAを導入している駅(導入予定含む)に熱海駅・国府津駅・米原駅を含めた170の駅。さらに訪日観光で人気の高い南木曽駅・上松駅・木曽福島駅・下呂駅・高山駅・飛騨古川駅の6駅を合わせた、全176駅に駅ナンバリングが設定されます。

 路線ごとに設定されるアルファベット2文字の「路線番号」(例:東海道本線「CA」)とそれぞれの「路線カラー」に、数字2桁の「駅番号」を組み合わせて表記し、ホーム上の駅名サインや路線図などに掲示されます。


JR東海 在来線 駅ナンバリング 導入 駅ナンバリングの表記例

 JR東海はこれまで、ネット予約サービス「スマートEX」(関連記事)の海外でのサービス展開や、周遊きっぷの海外発売などを実施。他にも通訳機能を備えたタブレット端末を活用するなど、訪日外国人に向けた案内の充実を目指していて、今回の駅ナンバリングの導入でより訪日外国人が理解しやすく安心して利用できるよう取り組んでいくとしています。


JR東海 在来線 駅ナンバリング 導入 駅ナンバリングが導入された路線図

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう